技術

ポケモンGO、人海戦術で世界3Dデータ化開始します。 ARマップアイテムの補償 – Engadget日本版

Niantic

ポケモンGOがスマートフォンに周囲の環境をスキャンする「ARマップ」でアイテム報酬を受け取る方法を導入しました。

膨大な数のプレイヤーがゲームの作業このARマップを繰り返すことで、世界各国の店舗とランドマークなどの詳細な3Dマップでサーバに蓄積されていき、いつかはよりリアルな現実に溶解したようなポケモンの表現と新しいAR応用が可能です。

「ARマップ」ポケモンGOゲーム内では、唐辛子の駅で「フィールドリサーチ作業」の一種で手に入ります。 現在は、レベル20以上のプレイヤー限定です。

「ARマップ」の標的についた作業を得た後、指定された唐辛子停止に行っ指示に従ってスマホカメラウル向かって対象物を旋回または伴奏して、キャプチャされたデータが年齢アンティークのサーバーに送信されます。

検査の結果、アップロードは現在または将来を選択することができます。 年齢アンティーク問題、スキャンしたデータは、自動的に匿名され、プレイヤーのアカウントの紐づけや個人情報の収集・保存されません。

操作は、通常のフィールドリサーチだけでなく、「大発見」のための一日分の課題を達成で計算され、各種モンスターボールの他のアイテム補償も手に入ります。

(一時変なお菓子やわざ機械、ポフィンなど比較的貴重なアイテムが手に入ったとの報告がありましたが、どのような条件なのか、現在はボールと回復薬などのアイテムが多いようです。調整が入ったのか、今後どのように変わるかはまだ分かりません)。

ポケモンGOゲームプレイをサポート唐辛子停止または年齢アンティークの最初の試合Ingress言うポータルハリー・ポッターの魔法の同盟の宿泊施設や要塞のようなPOI(Point of Interest)は、そのほとんどが、特に熱心なプレイヤーによる提案と審査で作られてきました。

年齢ないチクヌンこれらのデータを格納する一連の技術をNiantic Real World Platformと、名前、間もなくリリースされるAR時代にプラットフォームホルダーとして手札を提起するために、他社のゲームと非ゲームアプリ参加を募集しています。

ポケモンGOの年齢アンティーク仮想と現実をつなぐOSである「リアルワールドのプラットフォーム」を発表(2018)

今回のポケモンGOゲーム内で直接アイテム補償による作業で導入されたARマップもプレイヤーの数を武器に、世界の詳細な立体形状や環境に関するデータを蓄積プラットフォームを強化する直線の手段です。

ポケモンGOといえば、2015年の発表のトレーラーで夢のような世界を描きながら、開始みると表現もゲーム内容も似ても似つかない簡素なものだったことで、「まあ、あくまでイメージ動画で現実ではない」と目を開いてしたが、リード・交換・対戦など、システムのじわじわ当初の夢を実現してきました。

ARマップ現実環境の詳細なデータが集まって年齢しゃれがAR技術の開始引数を介して蓄積してきた「現実の意味を付与して理解する “技術が噛み合えば夢のような画像・動画にあった薮から飛び出しピカチュウと道を防ぐカビゴン公園の噴水で水流を上げるカメックスという表現も間もなくポケモンGOに導入されるかもしれません。

ポケモンGOの年齢しゃれが6D.aiを買収。 ARクラウド技術を開始

ARマップ」フィールドリサーチ」の操作が登場! – PokémonGO

READ  GitHubのソースコードがGitHubにリークされている公開した人は、「GitHubのCEO」を最も - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close