スポーツ

マイアミ準々決勝で使用カリに詰まった大阪の連続

ナオミ大阪の23試合連続連勝は水曜日マイアミオープン準々決勝で日本の世界2位がマリア社カリに6-0、6-4で気絶し停止した。

日本の大阪は2月の全豪オープンで第四のグランドスラムタイトルを手にした後、最初の大会を行ったし、1セットでわずか8得点にとどまった。

大阪は、第二のセットの第2戦で折れ3-0で優勢後Sakkariが権威あるATPマスターズとWTAハードコート大会で準決勝桁を占めるために戻って轟音ました。

今回の敗北で、大阪が今週、世界ランキング1位を占めたオーストラリアアシュリーバティを追い越すチャンスがなくなり、彼女は認めた事実は、ギリシャの25位りえの圧迫感を高めた可能性があることを認めました。

「言い難い」と彼女はそれが試合に違いを作ったのかについて語った。

「最終的に(記者会見)の位置にあったときランキングについては全く考えていなかったが、誰かが私にその質問をして多くの悩み始めました。

大阪は「だから自分自身に負担になるかもしれない。しかし、そのようにしても、それ以上に上がることができそうだ」と話した。

「これは確かにそうであったように私をいじめないようにすることです。」

大阪は彼女が2番目のセットで彼女のリードを構築しながら、「私はそこに来たような感じ」と語った。

“きれいなテニスではないが、完全にプレイすることを好むが、ほとんどの場合、そのようなことが発生しないという感じがしましたので、きれいなテニスではないが努力していると思いました。セットで優勝することができる方法を見つける必要があります。」と彼女はちなみに何が間違っていることをについて「反省する時間が必要になります」と付け加えました。

Sakkariは40から0に続いて5-4の優位性をするために第二の大阪を下し、大阪がベースラインを超えフォアハンドを送った時69分に勝利を収めました。

「彼女は、今年これまでで最も多くの勝利を収めたため、彼女は素晴らしい形です。それは私に多くの意味があります。 “最終的なスコアの後の喜びの悲鳴を獲得についてSakkariが言いました。

「私は私の復帰に集中した。私はそれをよく混合しなければした。全体的に非常に巧妙な試合だった」と、米国Jessica Pegulaと4ラウンドの勝利で6つのマッチポイントを保存したSakkariは付け加えた。

Sakkariは次のように、カナダの8番目シードBianca AndreescuまたはスペインのSara Sorribes Tormoと向き合うます。

-Medvedevは準決勝を求めています –

Andreescuは2019 US Openタイトルを解除した後、米国で最初のトーナメントをしています。 9位カナダ人は15ヶ月の間に負傷なし戻った後、最初のトーナメントで第2ラウンド全豪オープンで脱落しました。

Sakkariは彼女の次の試合に興味を向けたと述べた。 「精神が解ける中のチームと一緒に楽しんだが、再動作します。」

大阪は開幕セットで13点満点で3点のうち3点のうち3点のうち3点満点に1点削除カリーが一度に13点の連続勝ちを記録し坂はず序盤に優位を占め、35%の命中率を記録した。

“私は偉大な最初のセットを演奏した」とSakkariは言った。 「強制的なミスをたくさんしていない。良い計画を出しました。」

大阪は、2020年2月Fed Cupの試合で行われた最後の敗北の後で恋に落ちるんでした。

しかしSakkariは大阪の反撃を克服するために反撃しなければならいました。

「正直に言って、私は2番目のセットの最初の2ゲームでややタイトました。」Sakkariは言った。

“私は2つのブレークポイントを持っていた、それを持って行かなかった。その次には悪いサービスゲームが起こることがあります。私は私の中で留まって反撃を開始し、いくつかのボールをもっと打ち、彼女を相手にいくつかのポイントを獲得した。”

男準々決勝は、ハードロック・スタジアムで始まり、最高シードなんてことメドベージェフが7シードのロベルト・バウティスタアグアップデートを相手ました。

スペインのベテランは、全豪オープンでノバックジョコビッチに2位をした3月のマルセイユで優勝し、世界第2位を占めたメドベージェフとの前の出会いをすべて獲得しました。

その試合の勝者は、21番目のシードイタリア人Jannik Sinnerまたは32番目シード、カザフスタンのAlexander Bublikと対戦します。

bb / js

READ  F1社ヒールGPフリー走行1回目:帯域ジョージラッセルトップ発進ホンダF1エンジンは全4台の最高6セット[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close