マリオカート8アップデート、物議を醸す「サンドバック」戦略ナフ

1 min read

Baby Luigiは、この芸術的なレンダリングで砂のポケットレーサーの反応を表現しています。

任天堂

から マリオカート8ゲームの最も成功し、議論​​の余地のある戦略の1つであるWii Uでのリリースは、意図的にゲームの最高のアイテムを集め、乱用するためにパックの後ろで遊んでいることと関連しています。 ゲームが最初にリリースされてから9年以上前に、任天堂はスイッチの最新のアップデートで議論の余地がある「バギング」戦略を取り除くための措置を講じました。 マリオカート8デラックス

マリオカート8 オンラインレースで「バギング」(「サンドバギング」の略、時には「アイテム密輸」とも呼ばれる)を使用したプレイヤーは、しばらく最下位に後退し、再生されるアイテムボックスに座ってゲームの最も強力なアイテムを獲得するのを待ちます。 (これは 1位から離れていると表示される可能性がはるかに高いです。)。 バギングプレーヤーは、これらのアイテムのうちの1つ(ゴールデンキノコやスターマンなど)を使って素早く群れに追いついた後、他の蓄積アイテム(弾丸ビルなど)を使って支配的なリーダーを構築できます。 この戦略は、非常に特定の場所でBullet Billを使用する「Cheese Land」などのトラックで特に効果的です。 強力なアイテムの持続時間を延長できます。

「詐欺」ではありませんが、まさに「レース」ではありませんか?

多くのプレイヤーの間でバギングに関する議論の余地がある評判にもかかわらず、この戦略は実際に露骨な不正行為と比較することはできません。 結局のところ、バギングは、ゲームが設計どおりに変更されていないバージョンのゲームをプレイするためです。 そして 長年たくさん マリオカート8 プレイヤーは、これが効果的に使用するには、実際のスキルが必要な完全に公正な戦略であると主張しました。 GameFAQユーザーRydeonHDは、「サンドバギングはリスク対報酬の一種です」と述べています。 2016年に書いた。 「逆効果を簡単に解決できることが多かったです。そのような場合には、まず努力する方が良かったでしょう。」

一方、バギングは少なくとも基本原則に反していると主張しやすい。 レースゲームで意図的に他のレーサーが通過できるようにすることに焦点を当ててはいけません(サンドバックを使用しても)。 時には実際のレースで役に立つことがあります。 また)。 多くのプレイヤーはまた、多数のバガーが終わる非常に厄介なオンラインレースについて文句を言っていました。 最後の席をめぐって戦う 最高のアイテムを確保するために、競争の雰囲気を完全に変えました。 この動画)。

「プレーヤー12人のうち、ほぼ12人が「良いバッガー」であるロビーは、前例のないアイテムスパムを作ります。 マリオカート バッグを入れないように選んだプレイヤーのための経験、” Redditユーザー “West-Secretary-1188” 先月の主張。 「バックパックは高齢者に邪魔になる。 マリオカート 楽しくて、バガーにとっては恥ずかしいことだ」

明らかに、任天堂は、バギングがゲームの一部になるべきではないことに遅れて同意しました。 パッチノート ~のため マリオカート8デラックスのバージョン3.0.0アップデート(ゲームの最後のDLCトラックセットを含む)では、アップデートが「停止または後進運転でアイテムボックスを取り込むときに強力なアイテムを獲得できないようにしました。レース中に同じ位置に複数回あるアイテムボックスです。 」

11月8日アップデートがリリースされた後、プレイヤーは すでに気付いた 最後の位置にあるアイテムボックスに座っていると、きのこや緑の殻などの最小限の有用なアイテムだけが提供されるため、後退するプレイヤーは難しい場所に置かれます。 この変更は、意図的な砂のポケットの効果を制限しながら、合法的に遅いプレイヤーが少なくとも1つの良いアイテムを得るためのより良い機会を可能にするはずです。

でも心配しないでください。 議論の余地があるもう1つの最後のサポート機能の1つ以上が維持され続けるようです。 マリオカート8 近い将来のために。 「青い皮なしで実験をしてみたら、実は何か抜けたような感じがしました」 マリオカート7 そして 8 矢吹コスケ監督は2017年のインタビューでこう語りました。 「ご存知のように、人生は時々公平でないこともあります。時には人生で何かが正しくないと感じ、欲求不満を感じることがあります。」

READ  ライブニュースアップデート:米国の金利の脅威が減少し、ビットコインが22,000ドル以上に上昇
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours