sport

メルセデスF1 ‘予選モード禁止のレースで反撃に邪魔になった」[F1-Gate.com]

メルセデスF1チーム代表を務めるトートヴォルフはFIA(国際自動車連盟)が予選モードを禁止したもので、F1イタリアGPでのルイス・ハミルトンとバーワルテリア・ボットスの反撃が詰まっ検索します。

FIAは予選とレースでエンジンモードの設定の変更を禁止する技術指針を発令し、F1ドライバーは、単一のICEモードを使用していなければならなくなった。 F1イタリアのGPの予選モードが禁止された最初のレースとなった。

この技術指針がメルセデス予選速度に影響を与えることはできなかったが、ルイス・ハミルトンとバーワルテリア・ボットスが追撃を強いられることになったレースで大きな打撃を与えることになった。

開始から遅れてDRSトレインの一部となったバーワルテリア・ボットス5終えた。 レース序盤を導いたルイス・ハミルトンは、停止及び罰金によって最後尾から取り出さたが、7位までしか取り戻すことができなかった。

以前であれば「追い越しモード」と呼ばれる設定で追い越しのために瞬間的にエンジンのパワーを高めることができますが、同じ設定を使用するように強制したもので反撃は妨害された。

「ずっと言ってきたのだが、レース全体で一つのパワーモードに制限は追い越しのための追加スパイスがないことを意味する」とトートヴォルフは言う。

「レースで追い越しをするかもしれない特別なモードを使用することができない。それは大きなチームだけでなく、小規模なチームにも同様である。今回のレースは、この決定の結果だと思う」

しかし、トト・ヴォルフは、エンジンモードの規制があるにもかかわらず、17番目から7位まで挽回したルイス・ハミルトンの走行を賞賛した。

「モンツァで追い越しが難しい。エンジンモードの規制により追い越しのために電力を上げることができず、防御のためにそれを行うことができない “

「7位まで回復されたことは非常に良い走りだった。しかし、明らかにそのチームに、今回は、失われたレースだったし、その感情の方が勝っている」

ルイス・ハミルトンは、エンジンモードの指令が今後モンツァで示されて同じ追い越し抜けレースを作るつもりだ。
ルイス・ハミルトンは、「新しいルールは、レースによくない。エンジンや追い越しブーストを管理することができる前のもの楽しかった」とコメント。

バーワルテリア・ボットスも「禁止追い越しの量に影響を与えることができる。ある程度だけだが。」と認めている。

「すべてを保存したり、攻撃することに対して、常に一定のモードを実行している新たな規制の一部かもしれない。そのために追い越しが少なかったかもしれない」

「モンツァでウイングが小さなものがあるので、とにかくドラッグ少なく、DRSの効果は小さくなるだろう」

「ただ、私に問題の中心は、他の車両に接近することだった。追い越しをしようと十分し、トウもあった。しかし、いくつかの車との戦いをしていても追い越しは不可能だと感じた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス

READ  勝利目前のシフト直江原監督説得した「もう少し」 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close