世界

モロッコのユダヤ人、イスラエルの直行便「すでにパッケージ」

Fanny Merguiは疑う余地がありません。 モロッコのユダヤ人たちは、王国がユダヤ人国家との関係を正常化した後、イスラエルに行く直行便に搭乗するために「すでに旅行バッグを包んでいます」。

北アフリカで最大のユダヤ人社会であり、約70万人のイスラエル人の先祖の故郷であるモロッコはコロナ19流行が緩和されるイスラエルの観光客の流入を期待しています。

カサブランカに住んでいるモロッコのユダヤ人メール耳は5時間の路線が直行で運行されることに「非常に満足している」と述べた。

「真の革命です。 “

米国が仲介した3者協定を記念するために、12月にテルアビブでラバトに向かう最初の直行便の飛行機がワシントンでも西サハラのモロッコ主権を認めた。

しかし、定期的商業航空券はまだ販売はなかった。

官僚遅延は伝染病が原因で悪化され、これにより、モロッコは、3月以来、ほとんどの国境を閉鎖し、12月には、全国的に通行禁止を課しました。

前回、イスラエルを訪問したとき、パリ空港から14時間を待たなければならいた歌手Suzanne Harrochは、イスラエルとモロッコの和解を「奇跡」と呼ばれていました。

67歳の彼は、「私たちの家族が多く住んでいます。」と言いました。 「私はそれらをより頻繁に、より頻繁に見たい。」

– 歴史的結束 –

イスラエルは、1990年代に短期外交開放期間中、モロッコに連絡事務所を設立しました。

ただし、2番目パレスチナインティファーダが、イスラエルの圧倒的な対応を引き起こしながら、2000年代の初めに戻って閉鎖された。

しかし、モロッコのニュース報道によると、2014年から2017年まで、両国間の貿易で約1億4,900万ドルで、関係は静かに続けた。

連絡事務所が再開されると、モロッコの人がイスラエルを訪問するためのビザを取得することがはるかに容易にすることができます。

モロッコはまた、より多くのイスラエルの観光客を誘致することを希望しています。

公式統計によると、コロナウイルス感染症、以前には毎年、最大70,000人のイスラエルの観光客がこの国を訪問しました。

ほとんどはモロッコの血統であった出身国との緊密な関係を維持している。

カサブランカの子供の頃離れ、イスラエルの十年の間に住んでいたアブラハムの父第光器」、モロッコ出身のイスラエル人の大半が喜んでいる」と語った。

子供や孫が戻ってくることができるという事実は、「すばらしい」と彼は言った。

すでにモロッコの一イスラエル人はエランです。

34歳の彼はカサブランカシナゴーグ図書館に座っていたし、そこからほとんどモロッコの出身の他のイスラエルのユダヤ人たちと一緒にモロッコのラビから宗教の授業を受けています。

「直行フライトは旅行をより簡単にするだろう」と彼は言った。

モロッコのユダヤ人共同体は、古代にさかのぼります。

それは15世紀にスペインで追放されたユダヤ人たちによって強化され、1940年代後半には、人口の約10分の1である約250,000人に達しました。 しかし、その数値は、多くのモロッコのユダヤ人が新たに設立されたイスラエルの国に向かうに従い落ちました。

今日約3,000人のユダヤ人が、モロッコに残っています。

– 「満足している楽観的」 –

ビジネスマンGeorge Sebat(56歳)は、モロッコの正常化のための “非常に満足して非常に楽観的だ」と言いながら、観光や経済に肯定的な影響を及ぼしたました。

カサブランカのエムハーバー様会堂で夕べの祈りを終えた後、繁栄しているベンシモンは同意しました。

「私のイスラム教徒の隣人4人、モロッコで初めて訪問したとき出て同行することを望んでいる。」と彼は言いました。

しかし、正常化は、モロッコ人に普遍的に歓迎されませんでした。

イスラエルパレスチナ待遇に反対するボイコット、剥奪と制裁の動きを支持する学術的著名な左派活動家であるシオン知っお金は激しく反対します。

「最近流行は、モロッコの植民地開拓者たちとの歴史的関連性を引用することにより、正常化の数値を正当化するだろう」と彼はフェイスブックに書いた。

展示オニスト青少年活動家であったメール焼きは、1960年代にイスラエルに移住したが、1967年6日戦争以降、モロッコに戻ってきたました。

彼女は「私は信じていたユダヤ人国家がパレスチナの土地を占めなければならないという事実を受け入れることができなかった」と語った。

彼女はイスラエルに、「パレスチナ国家の創設」をサポートすることを促しました。

しかし、彼女は、 “平和に向けたすべてのステップ」を歓迎すると付け加えた。

isb-ko / sof / par / dv

READ  植草一秀の「金融変動線」 - 2020年オクトーバーソプライジュウン何か - | 市況 - 株探ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close