ランカ障害者選手たち、大きな希望を抱いて日本に去る

1 min read

パラリンピック金メダリストディネッシュ・プリヤンタ・ヘラス(Dinesh Priyantha Herath)が率いるスリランカ障害者陸上チームが今日開幕する世界障害者陸上選手権大会のために日本神戸に出発しました。

これはスリランカの障害者選手が障害者オリンピックの資格を得るための最後の障害になると国家障害者オリンピック委員会(NPC)委員長Deepal Herath氏は語った。

Dinesh Priyantha HerathとSamitha Dulanはすでに来年8月にパリパラリンピック出場資格を得ており、他の選手たちは神戸で開催される今大会を通じて資格基準に達するよう努めています。

スポーツ事務総長のシェマル・フェルナンド(Shemal Fernando)所長が率いるスポーツ開発部は今回の日本ツアーに財政的支援を提供するためにすべての準備を終えました。 Kuliyapitiya出身の若い運動選手、Janani Dhananjanaはパラリンピック基準の達成に非常に近かったが、NPC会長が言ったことは確認されていない。

私たちは、世界障害者体育選手権大会にDinesh Priyantha Herathを含む4人の選手に機会を与え、今回の世界障害者体育選手権大会を準備します。 18歳のJanani Dhananjana、Samitha Dulan、Nuwan Indika、Palitha Babaraも、スリランカの障害者のための最後のパラリンピック予選イベントである今回のツアーに参加しました。

一方、最近開催されたモロッコの世界障害者体育グランプリには、6人の障害者アスリートJanani Dhananjana、Pradeep Somasiri、Anil Jayalath、Buddhika Indrapala、Kumudu Priyanka、Saman Subasingheが参加しましたが、Saman Subasingheはレベルに達しませんでした。 Dinesh PriyanthaのコーチであるPradeep Sanjayもチームと同行し、Commonwealth Games銅メダルの勝者Palith Bandaraもこの大会に大きな期待を寄せています。

ダミカ・ラトナウィラ

READ  大谷2回DH /マリナーズ - エンゼルス戦速報中 - MLBライブ速報:日刊スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours