リーハイサンデー男子バスケットボールセット

2 min read

•Radfordに対して86-70のシーズン開幕戦で勝利したTar Heelsは、11月12日日曜日にLehighとの3試合ホームスタンドの第2回戦のためにDean E. Smithセンターに戻りました。
•Lehighは11月6日、Cornellにホームゲームで84-78で敗れ、金曜日のPen Stateに74-65で敗れ、0-2で敗れた。
•ヒント時間は午後2時1分です。
•ゲームはACCネットワークを介して放送されます(Anish ShroffとMalcolm Huckabyが放送中です)。
• Jones Angell、Marcus Ginyard、Adam Lucas、Dave NathanがTar Heel Sports Networkで通話を提供します。
• カロライナはシーズン初戦で102-12に改善されました。 UNCの開幕戦19連勝だった。
•今シーズンは、Tar HeelsがDean E. Smithセンターで試合する39シーズンです。 Carolinaは、ACCではなく相手の224-18を含む、Smith Centerの歴代464-86です。
•カロライナ州はプレシーズンのAssociated Press世論調査で19位を獲得し、リーグプレシーズンメディアデイACCでは3位に選ばれました。
•これは、AP世論調査の76シーズンのうち、Tar Heelsがシーズン中に少なくとも1回ランク付けした67番目です。
•Radfordを相手にしたカロライナの選抜登板は合わせて421回の大学選抜登板を記録しました。 これには132が含まれます。 アルマンド・バコット 残りの4人のスターターはそれぞれ少なくとも56個です。
アルマンド・バコット大学院生として5番目のシーズンを送っているのは、Radfordを相手に勝利しながらカロライナ記録部を編集し続けました。 Bacotはダブルダブル(69個)、リバウンド(1,348個)、10個以上のリバウンド(76個)で学校記録を増やしました。 彼は25得点13リバウンドで両チームを率いた。 彼は2桁の得点を上げた100回目、リバウンドでUNCを率いる100回目で、UNCで1,834点で通算得点13位でJoel Berry IIを通過した。
•Bacotは5つの攻撃リバウンドをキャッチし、合計481の通算を記録しました。 これは、Tyler HansbroughのUNC記録に1段階遅れた数値です。 Bacotは133試合で481試合のリバウンドを記録しました。 Hansbroughは142試合で482打った。
•Bacotは1ゲームあたり3.62で、Antawn JamisonとUNCのゲームごとの攻撃リバウンド履歴を共有しています。

シリーズVS。 リーハイ
•カロライナは、マウンテンホークスに対して過去1勝0敗を記録しています。
•以前の唯一の試合は、1941年1月2日、Woolen Gymで開催されたTar Heelの62-58勝利でした。
•CarolinaのGeorge Glamackは33ポイントで学校の記録を記録し、すべての得点者の間でトップを走っています。 Glamackは、第2シーズン連続で今年の国家選手賞を受賞しました。
•今回の試合は、2021年11月9日、UNCがロヨラ・メリーランドを破った後、カロライナが現在のパトリオットリーグの相手を相手にした最初の試合です。 ヒューバート・デイビス監督としての初戦。

ブック
•Carolinaは、Brown(大学院生)のプログラムに5人の選手が参加し、移籍ポータルで活発に活動しました。 ファクソンボーイルール)、Louisville(大学院生Jay’Lyn Withers、Notre Dame(大学院生)) コマック・ライアン)、スタンフォード(中学校) ハリソンイングラム)とウェストバージニア(中学校) ジェームズ・オコンコ)。
•5人の編入生と2人の新入生(エリオット・カド そして ザイデンハイ)奨学金を受けて4人の柚子選手と合流(大学院生) アルマンド・バコットRJ デイビス2年生 セストリンブル そして2年生 ザレン・ワシントン)。
•昨年のチームの7人の選手は別の学校に転校し、2人は(リッキーブラック そして フィットナンス 資格をすべて使い切った5年目選手)。
•5人の移籍選手(Ingram、Okonkwo、Ryan、Withers、Wojcik)が昨シーズンを合わせて155試合中120試合に出場しました。 彼らは合計1,501得点、783リバウンド、317アシスト、196の3点シュートを成功させました。
•Wojcik(14.9)、Ryan(12.3)、Ingram(10.5)は平均2桁の得点を記録しました。
•Wojcik(1.8)、Ingram(1.6)、Ryan(1.6)のサポート回転数は1.5:1より高かった。
•昨シーズン、カロライナは7回の移籍で合計828得点、257リバウンド、121アシスト、109個の3点シュートを記録しました。 ケイロブラブ 828得点のうち550得点、121アシスト中80得点、109得点のうち73得点を記録した。
•カロライナの通算5回の移籍は163回の得点(ライアンの場合57回)、10個以上のリバウンドを21回、15回のダブルダブルを記録しました。
•カロライナ州には、大学の試合に50回以上選出された選手が6人います(Bacot 132人、Ryan 88人、Davis 82人、Withers 64人、Ingram 63人、Wojcik 56人)。
•Wojcikは、2000年から2003年までTar Heelsの副コーチであり、Carolinaの2005 NCAAチャンピオンシップチームで5人の選手投手を全員募集したスタッフの一員であるDoug Wojcikの息子です。
•Ingramは過去2シーズンの間にStanfordでプレーし、元Tar HeelアシスタントコーチJerod Haaseの指導を受けました。

バコット、デイビス
•カロライナは昨シーズンの選手投手2人(フォワード/センター)を返します。 アルマンド・バコット そして経費 RJ デイビス。 彼らは2022-23 Dean Smith Most Valuable Player Award(Bacotの第3、Davisの最初)を共有しました。
• Lennie Rosenbluth、Billy Cunningham、HansbroughだけがMVPの名誉を3回受賞しました。
•Bacotは、2シーズン連続1軍All-ACCの栄誉を獲得しました。これは、Tyler Hansbroughが2006-09年にAll-ACCを達成した後、Tar HeelがAll-ACCの資格を維持した最初のものです。
•Bacotは、リバウンド(1,348)、ダブルダブル(69)、10以上のリバウンド(76)セクターで、カロライナの過去最高の記録を持っています。
• バージニア州リッチモンド出身の彼は、競技当たり攻撃リバウンド共同1位(3.62)、攻撃リバウンドUNC歴史上2位(481)、競技当たりリバウンド6位(10.1)、自由闘試行6位(682)です。 、自由闘成功8位(453)、ブロック8位(162)、得点13位(1,834)。
•彼は、平均平均ダブルダブル(13.8/10.1)を記録した8人のTar Heelsのうちの1人です。
シャンメイ そして、Bacotは過去50年間で平均平均ダブルダブルを記録した唯一のTar Heelsです。
•Bacotは、通算得点1,800点、リバウンド1,000点、ブロック150点を記録した唯一のTar HeelsでSam Perkinsに加わりました。
•Bacotは133試合で69回のダブルダブルを記録しました(彼の試合の51.9%でダブルダブルを記録しました)。 Billy Cunningham(87.0%)だけがTar Heelを使用して、より高い割合のゲームでダブルダブルを記録しました。
•Bacotは2021年から22年に511のリバウンド、31のダブルダブル、5つの20のリバウンド試合(同点)、10以上のリバウンドで32試合、NCAAトーナメントでリバウンド、Tar HeelによるリバウンドでUNCシングルシーズンを記録立てました。 エリート8、全国準決勝、チャンピオンシップゲーム。
•Bacotは1年に6回のダブルダブルを記録し、NCAAトーナメント史上初の選手となり、31回のダブルダブル記録でNCAAシングルシーズンの共同記録を確立しました(海軍のDavid Robinsonも1985-86年に31回を記録しました。しました)。
•BacotはRadfordに対して5つの攻撃リバウンドを記録しました(Radfordの総リバウンドと同じ)。 彼は昨シーズン32試合で134個の攻撃リバウンドを記録し、自身のシングルシーズンUNC競技当たり攻撃リバウンド記録(4.19)を更新した。 2021-22年のジュニア時代、Bacotは1試合あたり平均4.18の攻撃ボードを記録しました。
•Bacotは通算69回のダブルダブルを記録し、ACC史上3位です。 名誉の殿堂になったTim DuncanとRalph Sampsonは、ACC史上、Bacotよりもダブルダブルを記録した唯一の選手です。

ダブルダブル – ACC、キャリア
87チームダンカン、ウェイクフォレスト、1994-97
84 ラフ・サムソン、バージニア、1980-84
69 アルマンド・バコット2019-
68ロニー・シャブリック(ノースカロライナ州、1954-56)
67トム・バルソン、ノースカロライナ州、1972-74

RJ デイビス ACCを率いて昨年の自由闘率で全国23位を占めました。 デイビスは、Shammond Williams(1997-98年.911)とJoel Berry II(2017-18年.893)に続き、Tar Heel(.881)とのシーズンで3番目に高い割合を記録しました。
• デイビスは、自由闘士射撃部門でACCを率いる12番目のタール・ヒールであり、ヨーク・ラレス、デニス・ウイシク、フィル・フォード、サム・パーキンス、スティーブ・ハール、 ジェフ・レボヒューバート・デイビスドナルド・ウィリアムズ、シャーマンド・ウィリアムズ、 マーカスページ そしてジョエルベリー2世。
•デイビスは、自由闘争率(.850)でカロライナの歴代のリーダーです。

最高のFT比 — UNC、CAREER
(最小100個製作)

名前(プレイ期間)作成したAtt。 パーセント
RJ デイビス (2020-) 271319.850
シャーモンド・ウィリアムズ (1994-98) 291343.848
マービン・ウィリアムズ (2004-05) 138163.847
ダニーグリーン (2005-09) 202239.845
マーカスページ (2012-16) 347411.844

•デイビスは昨シーズンの試合あたり16.1得点を記録し、UNCをアシスト、3点の割合、プラス/マイナスに導きました。
•デイビスは、NCAAトーナメントの試合(Marquette対12)で10以上のアシストを記録し、2022年の第1ラウンドと第2ラウンドで次の試合(30対Baylor)で30+アシストを記録した唯一のTar Heelです。
•デイビスは昨年29回、2桁の得点を記録した。

プレシーズン表彰
アルマンド・バコット
ネイスミス今年の選手のリスト
Kareem Abdul-Jabbar 受賞リスト
グループ1 All-ACC(ACCメディア、Lindy’s、Blue Ribbon Yearbook)
1軍オールアメリカ(AP、CBS、Fox Sports、Dick Vitale、The Almanac、247 Sports)
2軍オールアメリカ(Lindy’sおよびBlue Ribbon Yearbook)
国内2位プレーヤー(CBS、Lindy’s)
国内4位選手(68フィールド)

READ  日本の通産省大臣は、東芝との関係について謝罪していない

RJ デイビス
ネイスミス今年の選手のリスト
Bob Cousy 受賞リスト
国内選手19位(CBS)、26位(リンディス)、27位(68フィールド)

ハリソンイングラム
ジュリアス・アービング監視リスト
国内選手98位(CBS)、114位(リンディス)

エリオット・カド
ACC今年の新人賞(メディア、Lindy’s、Blue Ribbon Yearbook)
Andy Katzで最高の新入生5位
国内No. 92選手(リンディス)

NBA タールヒルズ
コールアンソニーオーランド4年生
ハリソン・ヴァンスサクラメント12年生
リッキーブラック新人シャーロット
レジブロック11年目ヒューストン
ダニーグリーン15年目FA
キャメロン・ジョンソンブルックリン5年生
ナシル・リトル5年生ポートランド
デイロンシャープブルックリン3年生
コビーホワイトシカゴ5年生

海外プロバスケットボールまたはGリーグで活動している選手は次のとおりです。

トニーブラッドリー (Gリーグ、テキサス・レジェンド)
ガリソンブルックス (韓国)
エドデイビス (中国)
ジョン・ヘンソン (プエルトリコ)
イザヤ・ヒックス (韓国)
ジャスティン・ジャクソン (Gリーグ、テキサス・レジェンド)
ジョエルジェームズ (メキシコ)
ブライス・ジョンソン (日本)
クリスチャン・キリング (北マケドニア)
ジャスティンノックス (韓国)
タイ・ローソン (ベネズエラ)
ブラディマネック (リトアニア)
スターリングマンリー (ドミニカ共和国)
ルークメイ (七面鳥)
ジェームズ・マイケル・マクドゥ (日本)
ケネディミックス (ドミニカ共和国)
ウォーカーミラー (オランダ)
フィットナンス (Gリーグ、クリーブランドチャージ)
ジャスティンピアス (日本)
テオ・フィンソン (Gリーグ、テキサス・レジェンド)
アンドリュープラテク (アゼルバイジャン)
レイション・テリー (メキシコ)
デオン・トンプソン (日本)
JPドコト (イスラエル)
ケニー・ウィリアムズ (ギリシャ)

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours