スポーツ

ルノーF1チームに最後のレース。 RS25でアロンソがデモ走行/ 2020年の最終戦F1アブダビGP[F1-Gate.com]

この週末、2020年F1世界選手権最終戦F1アブダビGPはルノーF1チームという名前の最後のレースとなる。 F1で40年以上に399試合35勝ドライバーズチャンピオンシップとコンストラクターチャンピオンシップを2回ずつ獲得してきたチームは2021年からアルピヌF1に再起動する。

ルノーF1は、過去・現在・未来をつなぐF1アブダビGPでデモ走行を実施、その遺産を祝う。 2021年F1復帰に先立ち、ペルアン・アロンソが優勝した2005年ルノーRS25と再会、ヤスマリーナサーキットを走る。

ルノーRS25はF1の歴史の中でも注目の一つ。 90年代から2000年代初期に支配的だったルノーV10エンジンを搭載し、鮮明なシャーシデザインに一目でわかるブルーとイエローの色が象徴的なマシン。

フェルナンド・アロンソとチームメイトのジャン・曲がらケラウン2005年19試合でチームのホームゲームで勝利を含めて8勝7回のポールポジション18回、表彰台を獲得ルノーに初めてコンストラクター選手権、フェルナンド・アロンソの最初のドライバーチャンピオンを持っててきた。

15年後、ルノーR25は、ルノースポーツレーシングエンストンワ不正の拠点およびドイツに本社を置く、業界の専門家であるRennwerkの原状に戻す操作によって再び稼働する。 2006年に最後のデモ走行に使用されたR25は、ルノークラシックコレクションの一部として保管されていた。

シャーシを復元するプロジェクトは、2019年にRennwerkで開始された。 2020年F1フランスのGPでマシンを走らせる計画が立てられていたが、新型コロナウイルスの世界的な流行によって中断された。 作業は2020年10月に再開され、不正50人時間以上のエンジンの変更が必要だった。 ちょうど2週間後、V10はRennwerkワークショップで復活して11月中旬R25は、パリ郊外のラ・フェルトだろうシェルサーキットで驚異的な最初の走行を完了した。

フェルナンドはヤスマリーナサーキットでルノーR25と再会、金曜日、土曜日、日曜日に3回のデモ走行を実施する。

シリルアビテーブル(ルノーF1チーム代表)
「R25が再び狂奔を見ることは非常に感動的だ。そしてフェルナンドがステアリングを握るのは思いがけない幸運だ。自動車とドライバーのパートナーシップは、F1の古典的な時代には、モータースポーツでルノーの最も誇らしい業績の一つ​​であり、継続している。コンピュータは、私たちの過去の業績の象徴であるが、フェルナンドは、より良い成功をプッシュし続ける、その素晴らしい瞬間と感情を取り戻すには、私たちの強い野心を反映している。もちろん、結果はすべてのアルピヌ名前が、私たちの将来の成功は、すべてのルノーF1の歴史では、この信じられないほどの時代へのオマージュされている “

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / フェルナンド・アロンソ / F1アブダビGP

READ  レッドブルF1、通常「角田裕毅はシーズンアルファ他私たちの参戦させる計画」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close