トップニュース

レトロジャパン:1934年愛知県の給水塔。 ヨーロッパの城のイメージを連想させます。

岡崎、愛知 – 1934年に建てられた円筒形給水塔で、ヨーロッパの古い城を連想させる愛知県岡崎市の都心を見下ろす丘に立っています。



愛知県岡崎市の都心を見下ろす給水塔のドームの頂上に避雷針が見える。 (Mainichi / Koji Hyodo)=写真をクリック/タップすると、より多くの画像を見ることができます。

給水塔は、1933年に周辺地域に水を供給し始めた市内最初の六草地域浄水場に建てられました。 タワーの高さは高さ20.2m、上径12.8m、1,400立方メートルの水を貯めることができます。 水。 構造には古典的なギリシャ – ローマのデザインが使用されました。 セメントモルタルを塗った上部に線が描かれ、まるで大きなスラブで覆われているように見え、軒の上部は高い窓で飾られています。 表現主義的なアーチ型の上の階段は、屋根の上に突き出た正面の一部です。 風通しの良い空気とともに、構造の多くの曲線が柔らかさを与えます。

まるで給水塔がその地域の住民を見守っているようです。

(日本語オリジナル兵庫告知、名古屋写真集)



2020年8月13日愛知県岡崎市にある給水塔の階段窓から、ドーム型天井のアーチ型梁が見えます。 (Mainichi / Koji Hyodo)=もっと画像を見るには、写真をクリック/タップしてください。

* * *

この記事の日本語版はもともと2020年9月13日に公開されました。

* * *

このシリーズは、日本の素晴らしい建築物と過去の秘密を探る。 ここでより多くのRetro Japanの記事を読んでください。

READ  インドの名門IIT学校の卒業生は、デジタル化のための日本の努力についてどう思いますか?

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close