トップニュース

ロッキードマーチンのF-35戦闘機、日本での歴史的な飛行

空軍のF-35BライトニングII戦闘機が日本の船舶で正常にテストされた。 出雲日本の船舶で固定翼航空機が離陸したのは第二次世界大戦後初めてだ。

今週、日本の海上自衛隊(JMSDF)は、試験の完了を発表した。 「今回の検証は、F-35B戦闘機が地上に着陸したのは初めてです。 [Japanese Maritime Self-Defense Forces] 日本は一貫して高度化を介して、海上、航空分野での能力を向上させるために努力しています。 出雲– 作戦能力を獲得するための駆逐艦級 [short take-off and vertical landing] STOVL航空機」とJMSDF声明で明らかにした。 3分の発表と一緒に 動画 発売と回復プロセスの一部を描写します。 この映像には、2台のF-35Bジェットが頭の上に飛んでいく姿が盛られていたそのうちの一台が、異なる角度からの垂直着陸をする場面を捉えました。

テストは海兵戦闘飛行隊242(VMFA-242)のF-35B 2台の助けを借りて行われました。 「この試験は、JS Izumoが海上でSTOVL航空機の離着陸をサポートすることができていることを実証しており、これにより、近い将来に太平洋で防空のための追加のオプションを提供することができます。」とJMSDF Shukaku Komuta所長が言いました。 、護衛艦隊1の司令官は、メディアの声明を通じてました。 VMFA-242は、岩国海兵隊飛行場に常駐する二つのF-35B飛行隊の一つです。 部隊は、定期的に日本の自衛隊と一緒に訓練活動に参加します。

出雲 海上自衛隊2隻の先頭ないです。 出雲– クラスヘリ空母。 NS 出雲 F-35Bは、今年の夏超耐熱デッキコーティング飛行船マーキングを含む修正作業を経て、2段階の精密検査のプロセスの最初のステップを完了しました。 変換作業 出雲 2025年までに完了することが予想されます。 出雲の 姉妹船、 カー「自衛隊がSTOVL航空機を海上で定期的に雇用することができる日まで、私たちはまだやるべきことがあるが、二国間の強力なパートナーシップと相互信頼が実現」とKomutaは言いました。 日本は「多目的作戦駆逐艦」に分類 出雲– クラス船は、現在、海上自衛隊の最大の賞を受賞戦闘艦である。

F-35Bは、ロッキード・マーチンの第5世代のF-35ライトニングIIステルス戦闘機のSTOVLバリエーションです。 先端SDLF(シャフト駆動式リフトファン)を装着したF-35B戦闘機は垂直に着陸することができるユニークな能力を持っています。 この機能は、ジェット機が短い滑走路から離陸するために役立ち、本格的な空母よりも小さい受賞船で、潜在的に動作することができます。 日本は7月に新しいF-35B戦闘機を九州東海岸ニュタバル空軍基地に配置して 出雲– 呉と横須賀の自衛隊基地発の急ヘリ空母。 F-35Bのジェット機のSTOVL能力は日本の自衛隊は、中国のような強力な敵との衝突過程での主要な従来の空軍基地を失っても、継続飛行することができるという点で、戦術的冗長性の重要な源を提供しています。

北京の地域の脅威が増加しているとの認識に刺激を受けて、東京は老朽化した水上艦と海軍航空名簿を有効にするために大規模な投資をしました。 日本は42機のF-35Bと63機のF-35A戦闘機を102台、そのような航空機の230億ドルの契約の一環として購入しました。 日本は総157機のF-35戦闘機を調達する計画で、日本初のF-35B戦闘機8台2024年にインドれる予定だ。

Mark Episkoposは国家安全保障の記者です。 国益。

画像:ロイター。

READ  日本、伝染病期間ノンアルコールビールで暖かさ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close