スポーツ

三浦竜二、吉居ヤマト……」2022年箱根駅伝」で見ることができている?次世代の大物ルーキー候補[고교 역전]- 逆転 – Number Web

「今年は大会記録を更新しなければ優勝は難しい」

セラ高校谷紘ノ介主張がそう言っていたように、今年の都大路は、昨年以上の高速逆転されると、多くの高校が考えた。

今年はコロナ災害の影響で対抗が中断され、選手のモチベーションを維持することが難しかった。 しかし、自粛期間を個別の選手たちがよく生かしレベルアップに努めた。 そして地域大会と記録会で5000m 13の部品の時間が続出した。 多くの選手が自分の最高記録を更新し、[はいセラのように13台の選手を4人有するなど驚異的なチームが誕生したからである。


都大路はセラが制圧した。

3区でコースマス・無ワンギ(2年)が1キロ前マン書かれ、4区の時点で2位洛南高校に55秒差でそのままその貯蓄を生かしアンカー塩出翔太(2年)が逃げた。 5区までセラミドが2時間1分18秒の大会記録を更新する時間位を維持していたが、後半に少し遅れて、2時間1分31秒歴代2位のタイム5年ぶり10回目の優勝となった。 レース後新宅正二監督が涙を流したのが印象的だったが、朝に女性が優勝を勝たなければならない圧力を大幅に感じていたのだ。

2連覇を狙った仙台育英は7区で白井勇佑(3年)が襷を受けた時点で31秒あった時間の差を一時は11秒差まで詰めセラの腰に迫った。 しかし、あと少し及ばず惜しくも2位に終わった。

12年ぶりに「日本人だけの高校最高記録」が更新された

意志を見せたが洛南高校だ。

1区若林弘樹(3年)が3位と号走行する3区佐藤圭汰(2年)が2位チームをドラッグ結局3位に上がった。 2008年作長聖作成された留学生を含まない日本人だけ高校最高記録(2時間2分18秒)を2時間2分07秒更新した。

優勝が期待されたサク長聖は5000mで歴代2位の記録を出した伊藤野望(3年)が1軍で5位最高のスタートを切ったが、セラとの違いを埋めることができず、最終的に5位にとどまった。

今年は日本人だけの高校最高記録が更新され、歴代記録10位以内に4チームが入って昨年より高速化が進んだとすることができる。

個別見ても、今後が期待される選手が増えた。 特にエース区間の1群は、47人のうち13の部品の時間を持った選手が10人おり、将来の長距離の世界の人材の宝庫であった。

[다음 페이지]2022箱根駅伝で見ることができて? 「5人の新人候補 “

READ  広島森決勝打延長製紙ヤクルト連勝止まる/詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close