スポーツ

不振アメリカ、ワールドカップ予選で日本に2-0敗北

カマダ・ダイチは前半24分、ウェスタン・マッケニーの先制ゴールに続き、88分ミトマ・カヲルが追加ゴールを打ち出した。勝った。 最後のワールドカップウォーミングアップ。

アメリカ人はゴールを決めるのに1回のシュートを得ることができず、暗い前半戦を送り、ハーフタイムに4回の変化の後にやや主導的な姿を見せた。 彼らは2021年3月、北アイルランドとの試合で勝利した後、10回のロードゲームで1勝5敗4敗を記録しており、最近5回の遠征試合でたった1ゴールだけを記録しています。

アメリカのスタークリスチャン・プーリシッチが不明の怪我で服を着ていない。 14位アメリカ人はすでにチームウェア、ユヌス・ムーサ、クリス・リチャード、アントニー・ロビンソン、ジャック・ステッペンがなく、マイルズ・ロビンソンはアキレスガンの負傷でワールドカップに参加しない。

一連の守備崩壊は前半に米国を悩ませ、今シーズンのアーセナルでたった1試合だけをプレーしたゴールキーパーのマット・ターナーにプレッシャーをかけた。 Turnerは後半55分、Junya Itoと65回Kamadaとの対戦相手のダイビングセーブを記録しました。

カマダはMcKennieがTyler Adamsからパスを取得し、バックパスをアンダーヒットして得点しました。 堺博樹はボールを飛び越えて伊藤にパスした。 彼は開かれたカマダにボールを打ち、ターナーは彼の6番目の国際ゴールのために約12ヤードから遠いポストに勝った。

24番日本は初めてオフサイド判定を受けたが、ビデオレビューでWalker ZimmermanがKamadaをオンサイドでプレーした結果、ゴールが認められた。

ミトマは後半のサブReggie Cannonを旋回し、Zimmermanの周りにボールを回して、ペナルティエリアのすぐ内側から右足のシュートでTurnerを遠いポストに制圧する5番目の国際ゴールを記録しました。

ヘスス・フェレイラ(Jesús Ferreira)は、7分にセルジニョ・デスト(Sergiño Dest)のクロスからクロスバーの上に短距離オープンヘディングシュートを入れてアメリカ最高のチャンスを獲得した。

米国はワールドカップを控え、火曜日スペインムルシアで53位サウジアラビアと最後の試合を持つ。 USSFは、Pulisicが利用可能かどうかを判断するには早すぎると述べた。

2018年大会を逃した後、ワールドカップに戻ったアメリカ人たちは11月21日カタールで19位ウェールズと競技を開き、4日後5位イングランドと11月22日イランと1ラウンドを終える。

7連続ワールドカップを準備している日本は11月23日11位ドイツと開幕し4日後の34位コスタリカと、12月1日6位スペインとグループリーグを終える。

54,600人を収容できるMerkur Spiel-Arenaで、10,000人未満の観客の前で試合が行われている間、プレイヤーがお互いに叫ぶ声が聞こえました。

Gio ReynaとDestは、今シーズン中に所属クラブで90分の試合に出場しなかったにもかかわらず出発しました。 2021-22シーズンを台無しにした足の怪我で体調が悪いレイナは1年間アメリカでプレーできませんでした。 彼は父親の元アメリカ大尉Claudio Reynaの21番を着用しました。

オプタスポーツによると日本は前半前に米国の守備3サードで8回もシェアを占め、2010年以降米国との競技中最も多いシェアを記録した。

Josh Sargent、Jordan Morris、Cannon、Mark McKenzieがFerreira、Reyna、Dest、Aaron Longに代わって後半戦を始めました。

日本は火曜日、デュッセルドルフで44位エクアドルと、11月17日アラブ首長国連邦ドバイで43位カナダと競技を行った。

___

その他のAPサッカー: https://apnews.com/hub/soccer そして https://twitter.com/AP_Sports

READ  田中、日本のファンにヤンキースと「成長」を見せる予定| スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close