中国、日本、韓国が5月に首脳会談を開催するとみられると報道

Estimated read time 1 min read

(ブルームバーグ) – 韓国が5月に3者首脳会談を開催するために中国、日本と協議中だと日本と韓国メディアが報道したが、これはファンデミックと政治的緊張により2019年以降保留になった手続きを復元した。 。

Bloombergで一番読んだこと

長い間延期された行事を主催すると予想される韓国は5月末に首脳会談を開催すると予想されると朝鮮日報新聞が金曜日匿名の政府消息筋を引用して報道しました。 これに先立ち、日本の刑務所通信は、名前を明かさない外交消息筋を引用し、今回の会談が来月開かれ、経済協力と地域問題を議論する予定だと報道しました。

ユン・ソクヨル大統領府は関連報道に対する質問に3者首脳会談を議論中だと再度明らかにし、外交部は会談日が決まったら公開すると明らかにした。 韓国は数ヶ月間首脳会談再開のために圧力をかけてきたし、3カ国の外務大臣は去る11月会談を推進することに合意しました。 しかし以後、推進力は鈍化した。

林正正日本政府の広報担当者は、金曜日の記者たちに、日本が首脳会談のために中国、韓国と協力すると述べた。

三者協議は来週、ワシントンで岸田文夫日本首相がジョーバイデン大統領に会う予定の首脳会談に続くことができます。 今回の会談では、中国の域内強勢、中国に対する依存度の低い半導体など、核心品目のサプライチェーン確保、北朝鮮の安保脅威などに対する相互懸念が解消されるものと見られる。

中国は近年、韓日両国が安保協力を最高水準に引き上げながら米国と近づき、圧迫感を感じている。 一方、中国は様々な問題を置いて米国と衝突してきた。

バイデンと習近平中国の国家主席は火曜日に電話をかけたが、これは昨年11月カリフォルニアで会った以来初めて一対一で話した。 世界両大経済大国の指導者たちは、国家間の相互疑いと政府が輸出統制、制裁、関税を追求したにもかかわらず外交的安定を維持してきました。

米国とそのパートナーは、金正恩の核野望を抑制するために北朝鮮への影響力を行使するように中国に圧力をかけてきた。 中国は長年にわたって北朝鮮の最大のスポンサーであり、米国に朝鮮半島の平和な発展のために圧力をかけることを促した。

–中丸良太郎の助けを借りて。

Bloomberg Businessweekで一番読んだこと

©2024ブルームバーグLP

READ  日本の1月の消費者インフレは2.0%に鈍化しました。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours