中国との激しい技術競争の中で韓米日訓練フェローシップ開始

1 min read

「二日半の間、私の目の前でユダヤが形成されるのを見るのがどれほど興味深かったのか、アジアだけでなく世界の輪郭を変える新しい種類の関係の可能性があるのか​​を自分でつぶす必要がありました。 「と彼は言った。

キャンベルはまた、公務員が技術の仕組みを理解することが重要であると強調した。 「技術は各政府が追求することの核心です。」

「毎週、私は上級者との会合をしながら、自分が理解できないスキルについて決定を下します。 [nor] 本当に識別できました。 それで、私たちはあなたの世代がそのようなことを経験したくありません」と彼は同僚に言いました。

近年、国家間の紛争は徐々に緩和されています。 去る3月日本はその年5月日韓首脳会談を控えて韓国に対するチップ素材輸出制限を緩和することに合意した。

テクニカルトレーニングプログラムは、キャンプデビッドで始まったいくつかの三者計画の1つにすぎません。 その他には、がん対話、青少年サミット、サプライチェーンの中断に関する早期警報システム、東南アジア、太平洋諸島諸国の能力構築を同期させるための海洋メカニズムが含まれます。

3週間にわたる技術リーダープログラムの参加者は、半導体、AI、量子技術、バイオテクノロジー、 サイバーセキュリティ そして宇宙探査。

セッションはジョーンズ・ホプキンス教授陣と政策・技術コミュニティのメンバーが主導する予定であり、プログラムの最初の2週間は米国首都で、最後の週はカリフォルニアシリコンバレーで行われます。

プログラムの創設スポンサーは次のとおりです。 Google そして東京に本社を置くNEC Corporation。

NEC Corporationの田中重弘氏は、声明の中で「同じ考えを持つ3つの主要環太平洋国家の公共政策公務員を集め、先端技術の社会的実現とガバナンスについて学び、議論し、協力し、協力することが重要だ」と言いました。

近年、ジョーバイデン政権は外交的進展を遂げるために「ミニ側面」をますます活用している。 インド – 太平洋。 アメリカは昨年のキャンプデビッドサミットに加えて 最初の三者 日本の頂上と共に フィリピン 4月に。
ジョー・バイデン米大統領(中央)が2024年4月11日、ワシントンホワイトハウスでフェルディナンド・マルコスジュニアフィリピン大統領(左)と岸田文夫日本首相を招待し、前例のない3者会談を行いました。 写真:AP

先週、山田重夫の日本大使は、ミニラテラルの最大の利点は、戦略的問題に集中できることだと述べた。

「量子的に会うとき、私たちは経済問題、開発支援などの量子問題について話す傾向があります。 しかし、部屋に他のパートナーがいるとき、私たちは量子問題について話すことなく戦略的問題に焦点を当てます。」

去る5月バージニアで開かれた日韓首脳会談でキャンベル首相は日韓首脳会談が「今年残りの期間中最優先課題」と話しました。

中国、日本、韓国は最近3国指導者級首脳会談を開催しました。 先月に起こった4年間の休止後に再開。
READ  日本:科学の発展と革新
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours