経済

中国のロボットメーカー、ホームグラウンドで、ヨーロッパと日本のライバルとの対決

中国の大連、中国で – 中国の産業用ロボットは、まだ技術面で追いつかなければならない部分がありますが、日本とヨーロッパのロボットよりも約30%安価である。

日本のFanuc、スイスのABB、およびその他の強国に長年敗れた後、中国産業用ロボットメーカーは攻撃に出て、国内市場シェアを30%から、政府が設定した目標である50%まで引き上げました。

中国の内需市場1位のNanjing Estun Automationもその一つです。

Estunこの会社に敷地を売却した後、香港の近くの広東省仏山市の関係者の火曜日の声明で、「ロボット産業の成長を加速する “新しい場所を建設していると明らかにした。

2024年までにオープンする予定のこの敷地は、工場や研究開発センターで二倍になると予想され、昨年にEstunが約200年の間に取得した長い、ドイツ企業Carl Cloos Schweisstechnikのレーザーとセンサー技術を活用ようです。 百万ユーロ(2億3400万ドル)。 会社はそこで、高精度の溶接ロボットを研究する予定である。

Estunはまた、2023年から稼働する他の生産とR&Dサイトを開く予定です。 これらの活動に資金を支援するために、同社は先月、株主の承認を得て新株発行を通じて約8億元(1億2,300万ドル)を調達しました。

1993年に設立された民間企業で、2016年からイタリア、アメリカ、ドイツなど欧米企業を少なくとも5ヶ所以上の買収して先端技術を確保している。 ショッピングブームは2020年に25億元で、5年の間に収入を5倍に増加しました。

引数はEstunが成長するのに役立ちました。 調査会社MIRによると、中国産業用ロボット市場では、国内10位私の唯一のメーカーである8位を記録した。

容量拡張はEstunだけありません。 今年これまでに少なくとも7つの企業が設備強化計画を発表した。 2018年に韓国の会社を買収したSiasun Robot&Automationは、他の段階の中で新工場のために約2億2,200万ドルを費やす予定です。 2019年までに4つの海外Peerを買収したEfort Intelligentは2023年末までに工場を完工する。

生産量の増加の推進は、中国のロボット市場は、ほとんどの多国籍巨大企業に有利に急速に拡大している時期に行われました。

産業用ロボットは、中国を高度な製造大国に変貌させることを目的とするMade-in-China 2025の取り組みでは非常に重要です。 目標は、単に生産能力を高めることがなく、生産効率を向上させ、技術の発展に拍車をかけることです。

政府は、産業用ロボットが工場現場の生産性と精度を向上させる鍵と考えて研究開発を進めるために寛大な補助金を提供しています。

ABBは、市場シェアを守るために、中国のロボット工場も建てている。 (写真提供:渡辺新)

中国産業用ロボットの販売は、2016年と2020年の間に2倍に増加し、2025年までの5年間48%増加するとMIRは予測します。 しかし、中国のロボットメーカーは、2020年29.2%に過ぎない市場の成長の恩恵を大きく享受ずにいます。 2025年にはシェアが約39%以上増加していないだろうとMIRは予測します。

中国の産業界の関係者は、「中国の工場が外国産のロボットを好む理由は、動きがより正確で耐久性に優れているからだ」と語った。

代わりに、日本とヨーロッパの企業が先頭を走っており、上位10社のうち9カ所(Fanuc、ABB、Yaskawa ElectricおよびドイツのKuka)が市場の過半数を占めています。

しかし、これらの外国企業の高性能ロボットは価格が高いので、少数の企業だけがこれを買う余裕ができており、最終的には、中国での産業用ロボットの普及を妨げています。 韓国は1万人に使用されているロボットの数を示すロボット密度(10,000人あたりに使用されるロボット数)で187通りの15位を記録し、1位のシンガポールの918台と2位の韓国の868大に大きく遅れを取っ。

中国の多くの中堅メーカーは、ロボットのリソースを活用することができず、これが国内ロボットメーカーがチャンスを見ています。

MIRアナリストは、「産業用ロボットは、価格が外国企業よりも約30%安価の中国メーカーの台頭により、より広く普及している」と述べた。

これらの中国産のロボットは、海外の買収により強化された技術を提供するため、多くの中堅メーカーで外国産機の魅力的な選択肢となります。 産業用ロボットを使用する会社の順位が高くなると、中国の製造業の全体的なレベルを向上させる助けになるでしょう。

しかし、海外のライバルたちも投資を増やしており、市場シェアの確保が容易ではない見通しだ。

ABBは、2022年に上海に新工場を開きファナックは2023年のような都市に工場をアップグレードする。 Yaskawaはリードタイムを短縮するために、江蘇省の既存のロボット工場の近くに主要部品を製造する施設を建設している。

READ  PS5先着順の販売を予告したNTT-X」予想を超えるアクセス集中」に送り出し。入手私続ける - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close