世界

中国の広東省、ケース持続的にコロナウイルス対策強化

2021年5月30日、中国広東省広州の間に合わせ検査場でコロナウイルス(COVID-19)の大量検査中な医療従事者が居住者から綿棒を収集します。 写真撮影:2021年5月30日。 cnsphoto via REUTERS

中国で最も人口の多い広東省の都市は、保健当局が発症を制御するために戦いながら、建物との距離を封鎖して、いくつかの旅行者に音声COVID-19のテスト結果を提供するように命令しました。

6月1日、現地で確認された10件の中国本土での感染例はすべて広東南部で発生しており、国家保健委員会は水曜日広州地方で7件、近所の市佛山で3件発生したと水曜日発表した。

中国の製造と輸出のハブであり、経済の生産量が最も大きい地域である広州は、5月末に発生した最新の事例が発生した後、コロナウイルスの予防とコントロールの努力を強化しました。

5月21日から6月1日までに現地で確定された41件、佛山は6件を報告した。

二つの都市は、いくつかの地域住民のために自宅隔離をコマンドし、航空、鉄道や長距離道路の旅に出る人に3日以内にCOVID-19のテスト音声の証拠を要求した。

この事件により、ワクチンの予約がない都市住民は、予防接種の場所に集まってました。 地域疾病管理人Zhang Zhoubinは火曜日に記者たちに、群衆が一部の地域で「重大」と述べた。

広州は、適切な数の医療スタッフを確保するために個々の予定を中止し、主要なグループを予防接種の優先順位を指定しました。

茂名(Maoming)地方都市は、5月25日、広州で確定された患者と接触したことが証明された無症候性感染を発見した。

中国最大規模のいずれかであるSinopecのMaomingリファイナリー関係者は、厳格なCOVID-19の措置を取ったし、従業員にできるだけ早く予防接種を促していると言いました。 茂名港のすべての労働者たちは、予防接種を受けました。

旅行カーブ

中国は6月1日に24件の新たなコロナウイルスの事例を見てましたが、これは一日前に23件から増加し、19件の新しい無症状例が一日前の15件から増加した。 中国は無症状感染を確定事例に分類していません。

また、広東省の宣伝の技術ハブは火曜日に2件の新しい地域無症候性感染症を目撃しており、5月21日以降時の無症状の事例集計が15件に達しました。

水曜日の人々は、都市の商業地域であるドンモンの普段にぎやかな衣類卸売センター周辺から離れなければならないという話を聞いて、そこから無症状の事例が発見された後、従業員を対象にテストを指示しました。

宣伝空港は、広州や佛山で出国した身分証明書を持って出発する旅行者に旅行前3日以内に実施したウイルス検査の結果、音声の結果を示すことを要求しました。

広州の最近の感染は、インドで最初に発見された急速に普及している亜種と関連があると市保健当局が日曜日明らかにした。 当局はまだ発症の原因を調査しています。

宣伝の発生は、港湾労働者がウイルスを取得したと疑われる広州とは関係がなく、イギリスでの亜種が拡散された11件の感染がありました。

6月1日までに、中国の感染件数は91,146人で、死亡者数は4636人で、変わることがありません。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  中国が旧正月の旅行を落胆しながら悲しみと怒り

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close