技術

仮想会議は続行されます。 マイクロソフトはそれらをより良くしたい

火曜日の仮想イベントでは、同社はほぼWindows 11で提供される新機能のプレビューを通じて、ハイブリッドタスクの将来のビジョンを発表しました。 リリース6ヶ月で

このツールは、芝刈り機や赤ちゃんの泣き声などの静かな背景騒音、カメラが話者の動きに追いつくことを可能にする自動フレーミングなどのAIベースの機能で、生産性に大きく焦点を当てています。 また、話者の目を微妙に持ち上げて、ビデオ通話時にカメラを直接見ているように見せる機能やフィッシングを遮断するセキュリティツールもあります。

しかし、最も注目すべき機能のいくつかは マイクロソフト MSFT) 障害のあるスタッフ。

たとえば、新しいライブキャプション機能は、Azure Cognitive Servicesの聴覚障害者シニア製品マネージャであるSwetha Machanavajhalaのアイデアから始まりました。 彼女は、プレゼンテーションに焦点を当てながら、人が作成したキャプションを読むことができるデバイスとメモを取ることができるコンピュータが必要でした。 彼女はファンデミックのために変化の必要性がさらに高まったと述べた。

Machanavajhala氏は、CNN Businessに、「会議は、ある画面でコンテンツを表示し、別の画面で字幕を表示することの間で、多くの目の調整を含む非常に大変な作業でした。 。 「私は来年ほど生産的ではない」

ハッカートンの間、彼女はMicrosoftの10人の従業員で構成されたチームを率いて、Windowsプラットフォーム全体でユニバーサルキャプションを提供し、コンピュータからのあらゆる種類のオーディオがリアルタイムでキャプションを受信できるようにしました。 、YouTube、Podcast、FaceTime、Webサイトなど、彼女は後でこのツールを公式のWindows 11機能にすることに同意した管理者にこのツールを紹介しました。 新しいツールは、マイクがキャプチャしたオーディオにキャプションを割り当てることで、ユーザーが直接誰かに話している場合にキャプションを提供できます。

同様に、Focusと呼ばれる別の新しいWindows 11ツールは、注意不足の過剰行動障害を持つWindows製品マネージャによって部分的に開発されました(ADHD)。 Alexis Kaneは、自宅で働いている間に注がれる通知に圧倒されることがよくあり、Microsoftが妨害要素を減らすのに役立つ方法を見つけるのに役立ちました。

ケインは、「ADHDを持っている人として、1日にコンピュータがどのように機能するかは、気分、生産性、エネルギーレベルに影響を与えます。 受信する通知の数が大幅に増加し、不安レベルも増加しました。」

これで、ユーザーは通知の妨害禁止ボタンをオンにして、一定期間、通知、電子メール、その他のメッセージをミュートできます。 同社は以前にCNNビジネスにこのタイプの機能をWindowsに追加することに興味を持っていましたが(すでにAppleとSamsungソフトウェアで何らかの形で利用可能です)、Kaneが通知が生産性に影響を与えていると言ったとき、概念をすばやく追跡しました。

彼女は、「私は自分自身が本当に圧倒されているような気がするとき、勤務時間中に集中タイマーを使用します。これは構造化された方法で考えを収集するのに役立ちます」と述べました。 「これらの機能はすべての人に拡張されますが、特に神経の多様性を持つ人々に影響を与えます。」

イベント中、マイクロソフトは、お気に入りのファイル、コンテンツ、およびWebサイトにすばやくアクセスできるように固定するツールもリリースすると述べました。 Windows 365 Switchと呼ばれる新機能は、ユーザーにクラウドPCとローカルデスクトップ間を簡単に移動する機能を提供します。

他のツールは、ユーザーが悪意のあるアプリケーションやハッキングされたWebサイトにMicrosoft資格情報を入力したときにユーザーを識別して警告し、フィッシングやターゲットのマルウェアを事前に防ぐことを目的としています。

同社はすべての新機能がいつリリースされるのかについてのスケジュールを明らかにしていませんが、統合ツールと会議の改善は今年後半にダウンロードできます。

READ  革新的な着用温冷装置POLAR SEAL GEMM | ギズモ・ジャパン

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close