信越化学、日本露光材料事業の拡大

Estimated read time 1 min read

新越化学(本社:東京、社長:斉藤康彦)は、半導体露光材料事業の拡大のために日本群馬県伊勢崎市に新規工場を建設することを決定したと明らかにした。 新しい工場は、この事業のための新江津の4番目の生産拠点となります。

Shin-Etsuは約150,000株を買収しました。 メートル平方 半導体リソグラフィ材料の新製造・研究開発基地を建設する都市の事業場です。 新しい工場を建設するいくつかの潜在的な敷地を検討した後、私たちは群馬県および伊勢崎市と緊密に協力してこのサイトを選択しました。 私たちは新しい工場に段階的に投資する予定であり、1段階投資は2026年までに完了する予定です。 土地取得を含め、投資規模は約830億円に達すると予想されます。 (5億4,780万ドル) 1段階工事が完了すれば全額会社自体資金で調達する予定だ。

当社は1997年にフォトレジスト事業を開始し、日本の新潟県直江津工場で当時最高水準のKrFフォトレジストの生産を開始しました。 その後、フォトマスクブランク、ArFフォトレジスト、多層材料、極紫外線(EUV)レジストなど一連の半導体リソグラフィ材料を成功裏に開発し、商用化しました。 半導体露光材料事業のため、2016年福井県に第2生産基地、2019年台湾西部ウィンリン県に第3生産基地を設立し、当該製品の安定供給を達成しました。

半導体露光材料は、先端半導体製造に欠かせない材料で需要が高まっており、品質要件もますます高度化しています。 顧客の強力なニーズに応えるために、事業継続性に関連するリスクを分散させることができる第4の生産拠点を設立することにしました。 私たちはここを半導体材料の先端基地として位置づけ、今後研究開発機能を含め、半導体リソグラフィ材料やその他製品の生産基地に拡張する計画です。

この問題について積極的に協力してくださった群馬県と伊勢崎市に深く感謝します。 信越化学は今後も顧客と社会の期待に応えるため、半導体露光材料事業はもちろん、新しい基盤開発に注力していきます。

注:このプレスリリースの内容は、Fibre2Fashionの従業員によって編集されていません。

新越化学は日本群馬県伊勢崎市に新しい半導体露光材料工場を建設する計画だ。 今回の拡張は、この事業のための会社の4番目の生産基地になることです。 合計約830億円(5億4780万ドル)に達する投資は2026年まで段階的に完了する予定で、全額会社自体資金で調達される予定です。

Fibre2Fashion ニュースデスク(HU)


READ  日本のためのアメリカ国連晩餐会に財界、政界人事が集まった - NBC4ワシントン
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours