元ソロスCIOは、BOJの金利引き上げが日本経済を扶養すると確信しています

Estimated read time 1 min read

(ブルームバーグ) – マクロと株式ヘッジファンドは、中央銀行が8年間のマイナス金利以降の政策を変えると予測しながら今年日本に賭けている。

Bloombergで一番読んだこと

日本の優良株価は今年上がり、1989年の頂点に近づきました。 年末に国が予期せず景気後退に陥ると、金利の引き上げが遅れる可能性がありますが、投資家はインフレが加速するとすぐにマイナス金利が終了すると予想しています。

マクロ会社であるキースクエアキャピタルマネジメント(Key Square Capital Management)のスコット・ベッセント(Scott Bessent)代表は「東京は長期的強世場にある世界唯一の市場かもしれない」と述べた。 彼は日本銀行が3月や4月に金利を引き上げ、株価上昇と円高をもたらすと予想しています。

金利の引き上げは一般に過熱した経済を冷やす一方、ベセントは先月書簡を通じて投資家たちに日本銀行がそうすることで意図せず成長を刺激できると述べた。

ソロスファンドマネジメントの全投資責任者であるベセントによると、金利引き上げにより、日本銀行が超低金利やマイナス金利で生きてきた現金豊かな家具に融資を提供し、横材を創出できるという。 日本経済を促進する金利の引き上げを期待するBessentはまた、1年と10年の利回りの上昇に賭けるために金利スワップポジションを構築しました。

株式マネージャーはまた、投資家が中国と香港の株式から現金を引き出し、すでに利益を得ている日本の株式の継続的な好材料を期待しています。

Indus Capital PartnersのJames Shannon最高経営責任者(CEO)は、上場された日本の株式の長期的な見通しは、「私たちの投資キャリアで見た中で最高の1つ」と述べています。

インダスの汎アジアヘッジファンドは日本に対する純露出の半分以上を占めており、これは2020年1月の19%から増加したものです。 このファンドの中国と香港への賭けは4年前の純露出の約半分を占めました。 中国証券市場の低迷が長期化し、この数値はゼロに落ちた。

昨年、日本経済は賃金上昇の加速でインフレが上昇し、転換点を迎えたとShannonは語った。 企業は強力な立場にあり、より多くの資本を配置し、配当金と自己株式の購入も増えています。

上田和夫BOJガバナーは、先週、中央銀行は、日本経済が回復し続けるかどうかを決定するためにデータを分析し続けると述べた。 これは、日本の最近の景気後退がマイナス金利の終わりを排除していないという兆候です。

マクロを移動

Maniyar Capital Advisorsの創設者であるDharmesh Maniyarは、強力な賃金指標のため、BOJは3月または4月にマイナス金利を終了し、その後引き続き金利を引き上げると述べた。

任意のグローバルマクロ企業は、債券ポジションを取って金利変動を活用するために円のボラティリティに賭けた。 また、株式ラリーを捉えるためにオプションを使用しました。

多くのマクロファンドはすでに昨年の金利引き上げとそれに伴う円の上昇に賭けていましたが、この取引により円はドルに比べて7%下落しました。 これはG10通貨の最悪の成果を記録した。

体系的なマクロファンドであるTekmerion Capital Managementの最高投資責任者であるZachary Squireは、彼の会社は昨年この取引の反対側でお金を稼いだと述べました。

スクワイアは、「昨年、私たちは銀行の動きについて非常に懐疑的だった」と述べた。

続きを読む:日本のインフレ鈍化のためにBOJがより長く待たなければならない理由

中央銀行は現在のマイナス金利をゼロに引き上げる可能性がありますが、スクワイアはすぐに大規模な緊縮を期待していません。 経済は過熱せず、低い金利は株式のパフォーマンスと長期債務に役立ちます。

それにもかかわらず、昨年円が下落したにもかかわらず、マニヤールの会社は日本の賭けでお金を稼いだ。

「私たちは過去15〜18ヶ月間日本で機会を捉えてきました」と彼は言いました。 「私たちは、日本市場が今後2年間にわたって相当な投資機会を提供していくと信じています。」

(上田一雄支社の10番目の段落発言を更新しました。)

Bloomberg Businessweekでよく読んだこと

©2024ブルームバーグLP

READ  IPEF:中国に対抗するもう一つのあいまいな試み
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours