トップニュース

刑務所で亡くなったスリランカ姉妹、裁判前に日本に到着

移民拘禁施設で妹の死亡で日本を訴えたスリランカインが6月8日に始まる裁判を控え、東京近くの成田空港に到着した。

Wishma Sandamaliは、2021年3月6日、名古屋の拘禁施設でビザ満了で拘禁中に死亡しました。 33歳のウィシュマは病気について文句を言いました。

出入国管理所は、その施設に医療サービスを提供するための適切なシステムが不足しているという調査結果を受けました。

Wishmaの親戚は結論が不満足であることを発見し、施設で彼女のすべてのビデオ映像へのアクセスを要求しました。

今年3月、遺族は日本政府に対して約130万ドルの損害賠償金を要求する訴訟を提起した。

Wishmaの妹であるWayomiは、記者たちに、裁判所が彼女の死んだ妹のすべてのビデオを見せ、何が起こり、誰が死に責任があるかを明確にしたいと言いました。

日本に滞在しているもう一つの妹プルニマ(Poornima)は、和洋(Wayomi)と再会することができて嬉しく、裁判のために一緒に努力すると述べた。

READ  日本の過重COVID病院は最も病気の人だけ対応します。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close