トップニュース

北朝鮮の最近の進水によるミサイルの数を置いて韓国と日本が対立

朝鮮中央通信が2021年8月に公開した写真でキム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長が手を振っている。 (朝鮮中央通信)

キャンプハンフリーズ、韓国 – 韓国と日本軍の管理は、北朝鮮が試験のための情報を共有したにもかかわらず、先週、北朝鮮が発射したミサイルの数について意見が一致しません。

国営朝鮮中央通信によると、北朝鮮が10月19日東海岸で「新型」潜水艦発射弾道ミサイルを発射した。 共産主義政権の最近の進水(最近数週間の間にの5番目の武器試験)は、展示に及ぼす影響について、ミサイル専門家と国防管理者の間で懸念を呼びました。 潜水艦発射ミサイルは、一般的に報復的な2次攻撃兵器とみなされます。

特に韓国の国会議員は、北朝鮮が短距離弾道ミサイル1発を発射したと評価した一方、日本政府は、2足を検出したと国防部が評価した後、懸念を表明した。

情報格差は木曜日ソウク国防部長官との国会ブリーフィングで強調された。

野党ソンイルジョン議員はブリーフィングで、「日本は北朝鮮がSLBM 2発を発射したと語った。 「韓国軍は、北朝鮮がSLBMを発射したと明らかにした。 何ですか?」

ソさんは「私たちの検出資産が近距離でそれを見て、複数のソースを使用して見たので、私たちが正しいと思っている」と答えた。

国防部長官は、軍部が日本の「要求に応じて、「発射」ほとんど「後に北朝鮮のミサイルに関する情報を共有した付け加えました。

両国は、両国が軍事情報を確認できるようにする情報共有協定的な軍事情報一般的なセキュリティ協定の一部です。 韓国は、以前に貿易政策の不平等や歴史的展示不満を理由に協定を終了すると脅した。

立って長官は協定がまだ有効であると確認したが、両国が「たまにコンセンサス」をボギンしたが、決定を下すのは情報を受信者の分け前である。

キム・テウ前統一研究院院長は、情報の共有協定が「韓国に非常に重要」と「単純な合意それ以上」と言いました。

「日本の情報、特に対潜情報システムは素晴らしいです。」とKimは、月曜にStars and Stripesに電話で言いました。 「日本の [waters] 北朝鮮がSLBMで武装した新型潜水艦を完全に配置する場合は、正確な情報が切実に必要である。 それで日本の支援が韓国の安保に重要である」と述べた。

金委員長は、両群が北朝鮮のミサイルに関する情報を置いて複数回の意見が分かれたが探知能力は「相補的」と述べた。

金委員長は、「北朝鮮から発射されたミサイルを探知するには、韓国がより良い位置にいる」と述べた。 「しかし、ミサイルが飛行中にある程度の距離を出すなら、日本の情報付加それを検出することができる、より良い位置にいます。」

星条旗ジャンユギョン記者が取材に参加しました。

デビッドチェ



ツイッター


メール

READ  日本では、真姫の王室の結婚式が小さなファンファールで終わります。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close