経済

北海道村、新たな宇宙ステーションで経済的飛躍を模索する

TAIKI、北海道 – アメリカの多くの都市が「Spacetown USA」という名前を主張していますが、約5,400人の人口がある都市は「Spacetown Japan」と呼ばれることがあります。

北海道南東部の太平洋沿岸に位置するTaiki市場のMasato Sakamori(63)は、「宇宙をテーマにした私たちのコミュニティ開発努力が実を結び始めました。

世界中で衛星ロケット発射の需要が高まるにつれて、地域社会は地域活性化の出発点となる宇宙関連事業に希望を寄せています。

9月に始まった「宇宙港」ロケット発射団地の建設は、2023年度末までに完了すると予想されます。

町の関係者は、この施設がロケットや衛星関連のビジネスを誘致し、観光客を誘致してより多くの雇用を創出したいと考えています。

北海道宇宙港のアーティスト演出(提供スペースコタン)

完了すると、この複合施設は北海道宇宙港(HOSPO)の一部になり、民間セクター衛星を宇宙空間に運ぶためのロケットを発射するために使用されます。

隣接する土地にはすでに小型発射場があります。 2019年に100km以上を飛行した国内初の民間ロケットを含め、3つのロケットがそこから宇宙に発射された。

これまで発射されたロケットは超小型で、衛星を運ぶようには設計されていません。 HOSPOは新規発射団地が完工すれば宇宙ステーションで本格稼働する予定だ。

HOSPOは、町政府が持分を保有するSpace Cotan Co.によって運営されています。

航空産業に従事するSpace Cotanの社長である小田杉義典(59)は、「宇宙港は人口増加、より多くの雇用創出、北海道をより活発にする産業拡散の重要な役割を果たすでしょう」と述べた。

大樹町は1985年から北海道十勝地方特有の澄んだ天気と海の上の村という利点を生かし、「宇宙都市開発」というスローガンを掲げました。

発射団地および関連施設を建設するために進行中の作業には合計23億2000万円(1600万ドル)がかかると予想される。

その金額の半分は、地域社会の活性化を目指す中央政府補助金でカバーされます。 残りは中央政府の「地域活性化支援税制」事業体寄付金で充当される。

Taikiに拠点を置くスタートアップであるInterstellar Technologies Inc.(IST)は、新しい打ち上げコンプレックスで発売する最初のロケットを開発しています。 ロケットモデル「ゼロ」は衛星を搭載するように設計された。

Zeroは小型衛星のみ搭載できるほどコンパクトだが、発射コストが6億円以下と安いというメリットがある。

大型メーカーで作られたロケットが発射するのに数十億円以上の費用がかかるのは珍しいことではありません。

ISTの高寛稲川(Takahiro Inagawa, 35)会長は「私たちの小型ロケットモデルは、顧客が望む時にいつでも発射できるためタクシーに例えることができる」と述べた。 「私たちの最初の目標は、1年に10回の予想発射のためのロケットモデルを量産することです」

グローバルロケット打ち上げレース

宇宙ステーションの開発計画は日本の多くの地域で行われています。

小型ロケット打ち上げ場は和歌山県釧本市に建設中であり、初打ち上げは今年末を目指している。

大分県国崎市大分空港滑走路を水平型宇宙地として使用する計画だ。 沖縄県宮古島市下島空港を宇宙ステーションとして活用する案も推進中だ。

より多くのロケットを発射するためのグローバル競争があります。

日本航空宇宙企業協会(Society of Japan Aerospace Companies)の数値によると、2021年に世界的に146のロケット打ち上げがあり、これは社会がますますデジタル化され、衛星通信および衛星観測データに対する需要が増加するにつれて5年前より70%増加した数値です。

コンパクトで低コストのロケットの需要は今後も強くなるだろうと専門家は言います。

ロケット打ち上げは、長い間、アメリカ、ヨーロッパ、中国、ロシアの寡占状態でした。

しかしロシアがウクライナを侵攻した後、ソウズロケット発射が中断され、発射でロシアが占める分け前は他の国々が占めることになった。

日本の関連当事者は、開発におけるビジネス機会を見て、宇宙港への希望を上昇の触媒として取り組んでいます。

中央政府は去る5月、国内でロケット発射能力を強化すると明らかにしたことがある。

東京は日本航空宇宙探査局(Japan Aerospace Exploration Agency)と三菱重工業(Mitsubishi Heavy Industries Ltd.)が着手したH3発射体の開発を加速し、民間企業が小型ロケットモデルを開発できるよう支援することで追撃を行う計画だ。

READ  安倍晋三殺人容疑者山上「母性宗教で人生を台無しにした」

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close