sport

原監督がV9川上哲治監督と並ぶ巨人最多1066勝 – プロ野球:日刊スポーツ

中日巨人中日に勝利球団の監督通算乗数のタイ記録に並び記念ボールを手に笑顔巨人原監督(撮影垰建太)

<주니치 4-5 거인> ◇9日◇名古屋ドーム

巨人が9日の中日戦(ナゴヤドーム)に勝利原辰徳監督(62)は、13年に死亡した川上哲治監督と並ぶ監督通算1066勝目を取った。 坂本勇人内野手(31)が3本塁打で花を添えた。

原監督はコーチだった01年秋、長島監督の後任として就任。 「V9」を達成した大先輩がいた監督通算乗数球団最多タイ記録を立てた。 二度の3連覇を含む8回のリーグ優勝、3度の日本一を達成し、14年目の今季セ・リーグ首位をひ走る。 伝統を継承発展させ名将の道を歩く。 歴代通算乗数で11位を記録した。

▽巨人坂本(3連打席ホームランを放つ)」(3連発は)初めてです。うれしいです。(原監督は)私は19歳のときから、偉大な監督の下でプレーすることができることを嬉しく思っているあるし」

◆原辰徳(ウォン・達徳)1958年(昭和33)7月22日、福岡県生まれ。 東海大相模甲子園4回出場した。 東海を経て、80年ドラフト1位の巨人入団。 1年ぶりに22本塁打で新人王。 83年打点王、MVP。 ベストナイン5回、ゴールデングラブ賞2回。 95年に引退し、99年にコーチとして巨人復帰。 2002年の監督に就任、日本。 03年退任も06年復帰して二度のリーグ3連覇。 15年退任19年に第三の監督に就任。 2009年WBCで日本代表チームを率いて世界。 02、09、12年正力松太郎賞。 18年の殿堂。 180センチ、86キロ。 右投げ右打ち。

◆川上哲治(川・鉄二)1920年(大9)3月23日、熊本県生まれ。 熊本工では、甲子園準優勝2回。 38年巨人入団。 投手から一塁手に転向し39年史上最年少の19歳で首位打者。 現役時代の主なタイトルは、先頭打者の5番、ホームラン王2回、打点王3回。 MVP3回、ベストナイン10回。 58年に引退し、2年間のコーチを経て、1961年に読売監督就任。 65〜73年の「V9」を達成するなど、歴代最多の日本11度。 背番号16永久欠番。 65年の殿堂。 13年10月老衰死去。 現役時代174センチ、75キロ。 左投げ左打ち。

READ  トヨタ、小林可夢偉のTS050 HYBRID 7号車がポールポジション獲得/ルマン24時間[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close