同社は、干し草熱にかかった労働者を助けるために熱帯旅行を提供しています

Estimated read time 1 min read

日本の沖縄県のある島の航空写真。 ある従業員がワシントンポストに干し草シーズン中に一時的に移住したと述べた。
@ディディエマティ/ゲッティイメージズ

  • 日本企業が花粉アレルギーの激しい職員に「熱帯脱出」プログラムに補助金を支給している。
  • ワシントンポストは、熱帯の島で働くために1,300ドルを受け取った従業員について報告しました。
  • 日本では花粉アレルギーの発生率が高く、生産性に悪影響を及ぼす。

日本の一部の雇用者は、深刻な季節性アレルギーのある労働者に補助金を受けて、花粉の数が少ない地域に旅行を去る「熱帯脱出」プログラムを提供しています。 ワシントンポストによると。

ポストが引用した1つの事例は、IT会社アイザック(Aisaac)からのもので、花粉アレルギー症状があまり深刻な日本地域に一時移住するように従業員に約1,300ドルを提供します。

このようなプログラムは、米国よりも花粉アレルギーがはるかに多い日本の労働者の生産性を向上させる方法と考えられています。

花粉アレルギーのために仕事に集中しにくい20歳のエンジニアの木原直樹氏は、ポストでAisaacが日本南部の熱帯地方である沖縄への遠隔勤務旅行に資金を提供したと述べた。

彼は新聞に「他の会社の人々と話をしてみると、みんな良いアイデアだということに同意し、多くの人が嫉妬する」と話した。

Postによると、Aisaacを使用すると、雇用主は、日本の花粉アレルギーが最も厳しい季節である2月中旬から4月中旬まで、花粉のレベルが低い場所であればどこにでも行くことができます。

沖縄は人気がありますが、一部はハワイやグアムのような場所にさらに遠く進むと新聞は言いました。

Aisaacの広報担当者は、Postに185人の従業員の3分の1以上が昨年このプログラムを使用したと述べた。 CEOの干し草熱が激しく、2022年から始まった。

AisaacはBusiness Insiderからのコメントのリクエストにすぐには対応していません。

他社でも同様の計画が進められています。 政府が実施した調査によると 日本のニュース、 現在、日本企業の約20%が花粉アレルギーシーズン中に従業員が遠隔勤務をすることを許可しています。

Aisaacなどの一部の企業もコストを負担しているとPostは述べた。

日本では花粉アレルギーが公衆衛生問題であるだけでなく、経済への挑戦でもあります。

国の報告によると 環境省、 2019年のデータを引用すると、日本人の42.5%が花粉アレルギーを患っています。

これは、約25%の割合を示す米国に比べるとかなり高い数値であり、 疾病管理予防センターによると

特に日本では、第二次世界大戦後の再森林政策の一環として植えられた東京周辺に花粉の多い杉やキプロスの木があるため、状況はさらに深刻です。 日本タイムズ。

去る2月岸田文夫日本首相 花粉アレルギーを「国家病」と規定 これは生産性に悪影響を及ぼします。

千葉県国際保健福祉大学成田病院耳鼻咽喉科教授の岡野光博氏は、深刻な干し草熱症状が業務効率を30%以上減少させるとポストに語りました。

岡野は新聞とのインタビューで「労働生産性の下落は経済に最も大きな影響を及ぼす」と話した。

日経アジアによると、 花粉症を緩和するための国家的努力には杉の木の伐採が含まれ、政府は30年以内に花粉の排出を半分に減らすことを目指しています。

政府はまた、AIを活用して森林で発生する花粉の拡散を予測し、抗アレルギー医薬品の生産を増やすことを目指していると金融媒体は伝えた。

READ  日本銀行(BoJ)は非常に緩い政策を維持し、インフレの見通しを下げました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours