経済

商品バウンスは、日本の商社に大盛況をもたらしてくれます。

2016年11月7日、日本の東京にある本社の外Itochu Corpのロゴが見えます。 REUTERS / Toru Hanai / File Photo

東京、8月4日(ロイター) – 日本の取引ハウスは、主要な経済が大流行で回復され、原材料ブームを起こしている。 今週Itochuは記録的な四半期利益を報告し、3は、収益見通しを上方修正した。

第1四半期の結果は、原材料価格の上昇により上昇したそごう書写(sogo shousha)として知られて、日本の一般的な取引の家の原材料価格の変動がどのように収益を決定することを強調します。

昨年大流行がピークに達したとき、厳格な閉鎖に需要が萎縮され、供給過剰が発生し、石油や液化天然ガス(LNG)のニッケルなどの金属に至る商品市場に大きな負担となりました。

米国、中国、欧州などの主要経済国が膨大な量の商品を使用している車、トラック、列車、船舶、建設の需要を蘇らせ増加させながら、状況は逆転されています。

しかし、貧困国の数十億人がまだワクチン接種を受けていないので、全世界的に回復が順調ではないでしょう。

ロイター画像

売上高基準、日本で5番目に大きい取引先であるSumitomo Corp(8053.T)は、水曜日四半期の利益が10億ドルに少し及ばない昨年の損失から回復され、利益予測を4分の1以上高めました。 。

売上高ベースで二番目に大きいそごう焼酎であるItochu Corp(8001.T)は、2,670億円(25億ドル)の記録的な利益を出したと明らかにした。 封鎖緩和に反発している。

Itochuは特に「高い鉄鉱石価格」を引用しながら、金属、エネルギー、化学部門の利益についてより高い市場価格を引用しており、穀物や食品、一般的な製品および不動産を含む他のビジネスラインは、米国の建設活動の反発に扶養されている。 会社は言った。

Mitsui&Co(8031.T)とMaurbeni Corp(8002.T)は、火曜日の利益大盛況を開始しており、三番目に大きい取引ハウスインMitsuiは利益が3倍に増加したと発表し、4位のMarubeniは、純利益が減少したと発表ししました。 倍増した。

最大そごうショーシャインMitsubishi Corp(8058.T)は、火曜日収益が5分の2に増加して収益がほぼ1,900億円と4倍に増加しました。

($ 1 = 109.0900円)

Aaron Sheldrickの報告; Christian SchmollingerとBarbara Lewisの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  大容量バッテリー搭載の安価なSIMフリースマホ「moto g8 power lite」を第一印象! 外観と基本的な機能などを紹介[리뷰]- S-MAX

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close