理科

地域フェスティバルは脱炭素化に取り組んでいます。

読売新聞
地元住民が8月2日、青森で開かれた青森ねぶた祭りの間、「一の谷戦闘:熊井寺で出よう」というタイトルの大型ワゴンに乗って行進します。

地域のフェスティバルは、食品や飲料を販売する過程で、大量の温室効果ガスを排出し、照明の使用を通じてしばしば必要な電気の一部を提供するために、再生可能エネルギーを使用して炭素排出量を削減する努力を促進しています。 。

日本の夏の名所である青森ねぶた祭りが新種コロナウイルス感染症(コロナ19)の影響で中断された8月2日から7日まで3年ぶりに青森で開催された。

ダンサーたちが力強く歌を歌って街を移動すると、暗闇の中でネブタという巨大なランタンが浮上した。 平安時代(794~12世紀後半)に、源氏と平家家の衝突を描いた「一の谷戦闘:熊井次郎に出るね」というタイトルが付けられました。

日立、Ltd.とその関連会社で構成された日立レンゴ・ネブタ・インカイ(日立組合のねぶた委員会)が主導したこのねぶたフロートは、照明に太陽熱を使用した最初のねぶたフロートです。 日中は約1mの高さと2mの幅の太陽電池パネルを使用して10個の蓄電池を充電し、お祭り中にネブタが夜間の距離を移動したときに約2,000個のLED電球を照らします。

フェスティバル期間中の各夜行列は2時間30分間持続するように設定されており、各ネブタは平均家庭で約2日間使用可能な電力を消費します。 従来のディーゼル発電機でその程度のエネルギーを生産すれば、お祭り期間中に合計170kgの二酸化炭素を排出することができます。 しかし、太陽光発電により、これらの排出量をゼロに減らすことができます。

今年日立のねぶたが夜行進するのに必要な電気は、祭りの4日中3日に太陽電池パネルに供給されました。 例外は、日光が足りない日でした。

川内秀明(Hideaki Kawauchi)委員会委員長は「この祭りは世界的に注目されているため、環境に優しいイベントであることを強調したかった」と話した。

全国に広がる

京都で7月に開かれた京都祇園祭の期間中、100%再生エネルギーで生産された電気を使って、高山という名の山穂子ワゴンを飾った駒形ランタンをつけました。 窯は江戸時代(1603-1868)に火災でほぼ全焼されたが、196年ぶりにワゴン行列に参加するために今年復元されました。

市政府は浮遊物を復元するために保存協会に接近した。

市政府施設の屋根のソーラーパネルから得られた電気は、プラグインハイブリッド車両(PHV)を充電するために使用されました。 車はフロートと一緒に移動し、小magataランタンはコードでPHVに接続され、火をつけました。

ソウル市エネルギー事業推進課長は「電力消費がそれほど多くないが、有名フェスティバルでこのような努力をすれば脱炭素運動の象徴になるだろう」と話した。

昨年度、大阪府岸和田市は民間企業と協力し、毎年9月に開催される岸和田団地里祭りから排出されるCO2量を調査しました。 2019年に約416,000人の観覧客が集まったこの祭りのCO2排出量は、約10,830トンで年間3,700世帯の排出量に相当します。

排出量の約70%は、フェスティバル期間中に何百もの架台や他のサプライヤーで販売されている食品、飲料、お土産の生産と流通から発生しています。

調査報告書は、食料の損失を減らす必要があると述べた。 市関係者は「今後、経済的利益だけでなく炭素排出量も減らさなければならないという点に留意したい」と話した。

認知度向上努力

近年、日本全域で進行中の脱炭素化運動において、地域社会や企業が果たすべき役割に対する期待が高まっています。

政府は、2020年から2050年までに温室効果ガス排出量を事実上ゼロにすることを目標に炭素中立宣言文を発表しました。 このために、環境部は炭素低減労力を拡散させる「脱炭素化ドミノ効果」創出に注力してきました。 国全体で。

国土部の要請により、8月末現在、計766の県と市町村が2050年までに、当該地域で「ほぼゼロ」排出を達成することを約束しました。

次の会計年度に対する初期予算の要求には、現在の会計年度に提供されている金額の2倍の炭素排出量を抑制するための地方政府の努力を支援するための補助金400億円が含まれます。

企業は、社会的責任を果たすために経済活動を通じて排出されるCO2排出量を計算して発表し、削減目標を設定しています。

高崎市立経済大学総長であり、持続可能な経営専門家である水口武志(Takeshi Mizuguchi)総長は「祭りの脱炭素化の試みは地方自治体と企業の地球温暖化対策が様々な分野で施行されているという表示」と述べた。 「地域民の心に近いイベントで脱炭素化作業を行うことができれば、実際の排出量を減らすよりも認識向上の面でより大きな結果が期待できます。」

READ  長距離EV用次世代電池、故障を避けるために、新しいスポンジを使用

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close