大津康次郎からサトヤジトレイまで:日本 – インド映画のつながり

1 min read

オズヤスジロ(左)とサトヤジトレイ(右)

日本の巨匠オズヤスジロの映画には、インドの観客にインド映画界の巨匠サティアジトレイの作品をすぐに思い浮かべる何かがある。 興味深いことに、両方の作品は非常に明確です。 一つは日本の文化と価値観を扱い、もう一つはインド人の生活様式を扱っています。 しかし、映画の2つの伝説を1つにまとめるのは、彼らの作品に収められたヒューマニズムです。 さらに、2つの巨匠を比較させる完璧なキャラクターディテールと複雑な世界観があります。

「東京ストーリー」、「晩秋」など、オズの映画や「パテル・パンチャーリー」、「チャルーラータ」など、レイの名作が全世界と世代を超えて観客に響き続けていることは驚くべきことです。 両監督が映画に盛り込んだ感情の深さ、家族のダイナミズム、人間の精神の本質は、両国を結ぶ普遍的なテーマを立証しています。

10月23日から11月1日まで東京で開催された2023東京国際映画祭(TIFF)は、日本とインドの領域をひとつにまとめ、オズの輝くキャリアを盛り込んだ一連の映画をキュレイティングし、伝説的な日本映画制作者の誕生120周年を記念しました。 ストーリーテリングという芸術を通じて日本とインドをつなぐ架橋の役割をしています。 祭りに出席したインド人として、インドと日本の間の強力な文化的絆を心から認識することができました。

日本とインドの映画のタペストリーは、2人の象徴的な監督、小津康治郎(Ozu Yasujirō)とSatyajit Rayの作品と絡み合っています。 人間関係の深い探求と繊細なストーリーテリングで有名なオズは、文化の境界を越えて世界中の観客に共感を呼び起こしています。 一方、インドの伝説的な映画監督のSatyajit Rayは、しばしば単純さと真正性を受け入れるレンズを通して人間の感情の複雑さを明らかにするストーリーテリングの代価でした。

2023年TIFFが育ててきた同志愛と親密感の精神は画面越しにつながります。 これは、インドと日本の間の根本的な精神的なつながりを反映しています。 両国とも、伝統に対する尊敬と文化遺産の保存に対する献身を共有しています。 この祭りはオズの芸術性を披露するだけでなく、私たちを結ぶ豊かな文化的タペストリーを記念するプラットフォームとなります。

日本とインドは、グローバルステージでのソフトパワーとしての役割がユニークです。 地理的距離にもかかわらず、両国は世界文化に大きく貢献してきました。 日本のアニメーションと技術は世界中の心を捉え、インドのバリウッド映画と霊的な知恵は消えない痕跡を残しました。 この形式の文化的表現は、両国がソフトパワー領域に及ぼす影響力を実証する役割を果たします。

第36回TIFFはビーム・ベンダーズ(Wim Wenders)が国際コンクール審査委員長を務め、また別の意味を加えた。 「欲望の翼」のような作品で有名なドイツの有名映画制作者ベンダーズは、映画を通じて文化間の接続を育成するというフェスティバルの使命に合致する国際的な視点をもたらしました。

また、中国の有名監督チャン・イモウに授与された生涯功労賞は、アジア映画のグローバルな魅力をさらに浮上させました。 「紅灯を起こす」、「英雄」など張監督の映画は、世界中の観客の反響を呼び起こし、アジアストーリーテリングの広範な影響力を立証しました。

この映画の卓越性の万華鏡では、オズの映画は中心的な軸として機能し、私たちの言語と文化は異なるかもしれませんが、人間として私たちをつなぐ感情と経験はまだ普遍的であることを思い出させます。 驚くほど日本的でありながらも非常に普遍的な彼の作品は国家を統合し、境界を越えることができるストーリーテリングの持続的な力を立証する役割を果たします。

2023年、東京国際映画祭は単に映画の集まりではありませんでした。 豊かな文化遺産を持つ2つの国のインドと日本を結ぶユダヤとソフトパワー外交に対する持続的な意志を立証する役割をしたからです。

Ozu、Yimou、Wendersのような巨匠のレンズを通して、インドの唯一の女性相撲選手に基づいた「Sumo Didi」、そして小さな子供たちがインドで訓練される方法を示すドキュメンタリー「Making of a Japanese」のような映画を通して日本のやり方で、このフェスティバルは友情、共有価値、そして世界をより近づける映画の素晴らしい能力について話しました。

さらに、東京国際映画祭がアジア最高の映画を披露するために最善を尽くしているという点は本当に刺激的です。 これは、国境を越えて、この映画の旅に参加する人々の心に消えない痕跡を残す絆と結束を形成する映画の力について多くを語っています。

ユニークなインド映画やアーティストにプラットフォームを提供しようとするTIFFの努力により、長年にわたって日本とインドの接続はより強力になり、今年のTIFFも例外ではありません。 私たちは大津康次郎の遺産を楽しみ、ビームベンダーズやチャンイモウなどの有名人と共に第36回TIFFの国際的な魅力を祝いながら、映画技術とアイデアの完璧な融合を目撃しました。

著者は10年以上にわたって映画、芸術、文化を取材してきたインド評論家でありジャーナリストだ。 上の記事で表現された見解は、個人的かつ完全に著者の見解です。 必ずしも反映しているわけではありません ファーストポストの見解。

最新ニュース、人気ニュース、クリケットニュース、ボリウッドニュースをすべてお読みください。
インドのニュースとエンターテイメントのニュースはここにあります。 私たちに従ってください FacebookTwitter そして インスタグラム

発行: 2023年11月12日 13:45:49 IST

READ  日本の主張の「高リスク」行動により、ウェールズの試合で初めてイエローカードが赤にアップグレードされました。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours