理科

天体にも生命のような進化の? 別・惑星形成に迫る| U22 | NIKKEI STYLE

ナショナルジオグラフィック日本版
日本でも有数の理化学研究所研究室を主宰する堺南さん。 2019年には文部科学省の「ナイスステップ研究員」に選ばれた。 山中京都大学教授と天野浩名古屋大学教授もノーベル賞を獲得する前に、選択した

文筆家・川端ヒロさんがナショナル・ジオグラフィック日本版サイトで連載中の人気コラム「「研究室」に行ってみた。 ” 今回の裁判は、理研の堺南さんに星や惑星の開始について聞いシリーズです。 壁考えぶつかると幸運だったが、非常に興味深いエピソードで日本に理工系女性研究者が少ない要因の分析まで、地上の話題も豊富。 U22世代の情熱も放射されます。

地上の生命の系統樹を知るように、宇宙の星系統樹を理解したい。 今、私たちの目の前にある、この世界の由来にもつながる派手な問いを胸に抱いて、星や惑星の形成について大きな成果を続々とあげている気鋭の研究者、酒井南さんの研究室に行った! (文川端ヒロ、写真内海博之)

屋外で遊んで、例えば、木登りや生物いたずらするのが好きな子供がふと空を見上げて宇宙を考えたという。 天体望遠鏡で月を観察し、それがまさに地球の外にある他の天体であることを実感してドーナツのような土星の輪を見て、心ときめくした後、再び地上を見たとき、ふと疑問が頭の中に浮かぶ。 目の前にあるこの素晴らしい世界はどのような道をたどってすることができたのだ。 樹皮の暖かい感じと手を浸すとひんやり感川、水と森でにぎわう生物はどのような経緯でこのようなものである。 そもそもそのような考えを自分の体と考えはどこから始まったのか。

明らかに似ていること子供の頃に感じ考え込んだことがある人は多いだろう。 その疑問を念頭にまま天文学を意味力強く安定したアクセス謎に迫る研究者と会った。 理化学研究所「堺別・惑星形成研究所」という奇妙な響きのチームを率いる堺南主任研究員である。

酒井氏は、これまでの研究のキャリアで優れた論文に与えられる井上研究奨励賞(2009年)、日本天文学会研究奨励賞(2013年)、文部科学省科学技術・学術政策研究所が選定する「ナイスステップ研究」(2018年)などを相次いで受賞し、高い評価を得てきた。

は、その研究内容とする端的には、宇宙の「化学進化」だ。

一般読者には「化学」と「進化」の組み合わせには、違和感があるかもしれない。 しかし、宇宙の始まりでは、水素と酸素、炭素などの元素が先にできたのは、彼らが原子の状態で簡単な分子を形成して、より複雑な分子に発展したもの、化学進化と呼んでいる。

そして宇宙でそのような化学の発展のパスが、実は別の誕生過程と環境効果に影響を「分岐」と「進化」しているのではないかと、とも呼ばれている。

「生命の進化は、環境への影響などを受け、四半期中に続いてきたわけですね。私は同じことが、宇宙、太陽系のようなものでも言えると思います。何かのきっかけがあって、他の化学的性質の星や惑星この割れていくと思います。私たちの研究は、星があるときの周りにいた有機分子の種類の違いを見ることから始めて、どのような環境でどのような成分別できるかどうかを知りたいです “

つまり、地上の生命の系統樹を知るように、宇宙の星系統樹を理解しようとするものである。 それは今私たちの目の前にある、世界の起源を問うことでも実に壮大な物語である。

十分話を聞いてきたので、段階的に導入する。

埼玉県和光市にある理化学研究所の入り口には、研究所の仁科加速器科学研究センターで発見の結果、2015年に命名権を獲得した113番元素」なんて角質ニウム」の石碑が立てられているだった。 そこから再び10分ほどのキャンパスを歩いて「物質科学研究棟」という建物に到着します。それが「堺別・惑星形成研究室」の生まれた結果である。 つまり、日本でも屈指といえる理化学研究所の「材料科学」の本性に天文学系の研究室がある奇妙な姿だ。

ドアを入ると博士研究員や学生、秘書の方の座席がある部屋があり、酒井さんのリビングルームは、さらにその奥だった。

READ  土星の衛星タイタンの濃い大気の下に広がる指標特殊フィルターで撮影| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close