経済

女性が行ったことのない道を思い切って行く日本のCEO

2021年の性別格差ランキング156カ国のうち120位だった日本で女性として宇宙スタートアップを導くのはどんな気持ちだろうか?

それでも、男性が支配する業界で先駆的な女性CEOの一人であるInfostellar Inc.の共同創設者であり、CEOのNaomi Kurraharaに依頼してください。

「当社が宇宙関連サービスを提供するのに十分成熟したか(女性が運営するため)初期偏見があるが、そんな疑いは顧客とのコミュニケーションが進みながら消え、2016年に東京に基づいたスタートアップが設立Kuraharaは、衛星事業者にクラウドベースのインターフェースを提供します。

衛星事業者は通常、データを受信するために地上局の形でインフラを必要とする。 フルサービスを提供できるようにするには、これらのステーションを世界中に配置する必要があります。

しかし、このインフラストラクチャを構築および維持するための高い参入コストのため、特に業界に新たに参入した人々が突破するのは困難です。

しかし、Infostellarは、単一の地上局を所有せず、代わりに会社の標準インターフェースを介して利用可能な世界中の既存のハブにアクセスし、「StellarStation」という地上局の仮想ネットワークを運営することに関連する独自のソリューションを実装しました。 より安い価格。

6月に、同社はInfostellarのサービスを使用して、AWSの地上局を衛星事業者に接続するAmazon Web Services Inc.と提携しました。

倉原(40)は「幼い頃から宇宙で働きたかったし、学界にいたときに宇宙が人々の日常をさらに発展し、簡単で楽しくすることができると考え始めた」と話した。 電気工学。

企業のネットワークにより、衛星事業者は画像をキャプチャし、ほぼリアルタイムで顧客に配信することができます。 データは、気候変動を監視し、自然災害後の救済物流を計画したり、世界中の海で違法な操業活動を追跡したりするために使用できると会社は言います。

別の宇宙スタートアップであるALE Co. 同社は、ステロイドの花火のようなエンターテイメントの一形態で人工流星を生産し、自然災害による被害を軽減するために地球の大気を研究すると会社のCEOであるOnajima Lena(42)は語った。

その超小型「人工遊星」衛星は、地球の大気を通って制御された経路に沿って移動する粒子を放出し、自然遊星よりも長い光を放出します。 ライトショーは、世界中のどこからでも指定された場所から半径200km以内で見ることができます。

岡島玲奈が10月19日オンラインインタビューでスピーチ刑務所

岡島は「私たちの星の星は明るすぎて東京のような都市で見ることができます」と言い、潜在的な顧客にはこのサービスを使って観光客を驚かせる政府が含まれると付け加えました。

2011年に設立されたALEは、現在2023年までサービスを提供するために一部の国と議論中ですが、交渉がまだ進行中であるため、具体的な内容を明らかにすることを拒否しました。

岡島は、東京大学に在学中に流星群を見たときに別れを作るという考えが浮かんだ。 しかし、宇宙エンターテイメントを提供することは彼女の唯一の動機ではありません。 彼女のビジネスを通して、彼女は科学に対する人々の好奇心を高め、この分野に貢献できるようにすることを目指しています。

「天文学図として、日本では科学に対する尊重が少なく、多くの人が天文学が実生活に有用ではないと考えていることを感じました。 しかし、科学は革新の基盤です。

ALEは人工流星研究を通じて地球を観察する新しい方法を開発し、より正確な天気予報を得て気候変動裏面のメカニズムを理解しています。

彼女は、「多くの科学者が私たちの流星を観察したいと思います。 私たちは、流星の物質、速度、タイミングを知っているので、自然な流星を研究するのに非常に有用である可能性があるから」と述べた。

倉原と岡島ともに宇宙産業に進出した数少ない日本女性スタートアップCEOの一人であるという事実が誇りに思っています。 InfostellarのKuraraharaは、彼女が顧客に「簡単に覚えている」ことが大きな利点の1つであると言います。

一方、岡島は「宇宙や技術産業に女性CEOが多くなく、私たちがする興味深い作業のために」性別バランスを調整するためにカンファレンスとパネル討論で演説をするよう招待されていると述べた。

それにもかかわらず、岡島は日本の男性中心文化が彼女の会社をまだ妨げていると提案した。

「私が男だったら、会社の価値が高かったでしょう。 現在、ファンドレイジングに関してはベンチャーキャピタリストになるのが少年サークルであり、これらの友人との非常に高脈絡的なコミュニケーションだ」と業界で使用される間接的な口頭専門用語を言及した。

しかし、彼女は数年で企業公開(IPO)を行った後、「企業の成功は利益と貸借対照表と判断されるため、より容易になる可能性があります。 それでもっと公正になる」と話した。

倉原直美が10月13日オンラインインタビューでスピーチ刑務所
倉原直美が10月13日オンラインインタビューでスピーチ刑務所

倉原氏は、女性が運営する宇宙スタートアップの欠如は、エンジニアリング分野で働く少数の女性によるものだと述べた。 これはまた、国内で道を開拓する女性のロールモデルが不足していることを意味します。

岡島は、数学や科学を行う女性の能力に無意識の偏りがあると提案した。

日本は2019年、経済協力開発機構(OECD)加盟国36カ国のうち科学を勉強する女性比率が最も低かった。 高等教育レベルで自然科学、数学、統計学に進学する女性の割合は27%で、OECD平均よりはるかに低い。 52%、組織の最新の年次報告書に登場しました。

Kuraharaは、日本のほとんどの宇宙スタートアップが2015年または2016年頃に発足し、それ以来サービスと製品を開発してきましたが、依然として「収益前段階」にあると指摘しました。

「私たちを含む日本の宇宙スタートアップのほとんどは、私たちの製品やサービスを準備し、販売を始めました。 私たちは収益とビジネスを拡大するために努力しています」と彼女は言った。

ALEの岡島は、10年前に日本でスタートアップという用語すら広く使われていなかったのと比べると、日本の宇宙産業は、企業の生態系がさらに堅固になり、政府支援が増加する中で成長していると述べた。

「私がALEを始めたとき、宇宙産業に関心を持つベンチャーキャピタリスト(VC)がなく、政府でもスタートアップへの関心がほとんどありませんでした。 しかし今は政府が支援を惜しまないし、JAXAも大きな助けになっています。

それにもかかわらず、日本のスタートアップ支援システムは資本が豊富で、政府がスタートアップのサービスを購入するという事実のため、成長の幅が広い米国に比べてまだ遅れていると岡島氏は語った。 政府の支援が補助金に制限されている日本とは異なり、NASAと緊密に統合された起業家Elon MuskのSpaceXの例です。

岡島は、日本の宇宙スタートアップの将来の成長に関連して、すでに世界最高のエンジニアと先端技術の恩恵を受けている日本の強力な自動車製造産業を活用して産業を新たな次元に引き上げることができると述べています。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  今週の事業| エコノミスト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close