エンターテインメント

学校は、ウイルスの恐怖に東京オリンピックの観客プログラムから撤退

東京オリンピックとパラリンピックの主催者は、もはや学生に近くの場所でのイベントを見ることができる機会を提供するプログラムに参加することを望まない学校のキャンセルを受け入れ始めました。

東京に近い一部の地方政府は、コロナウイルスに対する懸念で、既にプログラムを脱退し、主催者は、まだ観客の制限を決定していなかったので、多くの教育委員会は、学生が試合に出場する選手を見ることができているか不明である。 。

神奈川県中井は320人の小中学生が横浜でサッカーと野球の試合を見る予定だったが、町の教育委員会は、学校長の見解に基づいて、今月に撤退することを決めました。

「私たちは電車で旅行する計画だったが、感染の危険があります。」と村教育部長であるTetsuya Takahashiが言いました。

観客プログラムは、オリンピックのチケットを学校や地方政府にそれぞれ2020円の割引価格で提供しています。

組織委員会によると、昨年1月現在、約126万件の購買依頼があった。

2019年、日本ラグビーのワールドカップでは、観戦に招待された子供たちが参加国の国家を呼んだ。 しかし、オリンピック主催者は、2020年の演技と伝染病を考えると、プログラムのキャンセルが避けられないと判断しました。

ゴルフ大会を開催する埼玉県川越が当初5,558枚のチケットを要求した。 主に県で開催されるゴルフとサッカーの試合が主をなしていたが、学校にチケット要求を確認するように要請を受けた後、先週の水曜日の基準で、その数は約2,400人に減少した。

地域の関係者は、すでにプログラムを完全に中断した県に少なくとも一つの市町村があるようだと述べた。

Olympic minister Tamayo Marukawa | POOL / VIA REUTERS

一方、横浜教育委員会は、観戦を計画していた323校が計画通りに進むかどうかを再確認している。

「音声PCRテストの結果が必要であるメディアの報道のように、あまりにも多くのもの宙に浮いています。 それでも、私たちは(学生)ができれば送信したい。」教育委員会の関係者は言った。

千葉県の関係者は、中央政府が会場観覧制限やその他の感染症の制御措置を発表した後に決定を下したいと語った。

ライブスクリーニングおよびその他の公開の会議イベントは、ウイルスの拡散への懸念のために徹底した調査を受けて、多くの人が廃棄されました。

多摩よマルカワオリンピック長官は月曜日、国会尋問について「観客の上限が6月に決定されると、文部科学省と組織委員会と協議して、「決定を下すと述べた。

オリンピック開会式まで約40日を控え、東京は感染者の数を減らすために、4月末から緊急事態に直面しています。 2019年の夏に首都は公立と私立学校から約90万人の学生がゲームに参加するように計画しました。

「私たちは、人々が感染状況について懸念していることを知っています。 私たちは、安全性とセキュリティが確保されていないと判断されると、プログラムをキャンセルする準備がされており、当日もキャンセルすることができるように措置をとること」と述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  米国「ダンシングお父さん」に続き、日本溝からボリウッドの歌まで「アジアンズダンサー」が口コミ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close