理科

宇宙から海底まで移動した酵母セット日本酒醸造所



約6,000メートルの深さの海にロックされた圧力でも生き残った “宇宙酵母」が見える。 白点は酵母です。 (写真提供:高知県産業技術センター)

FUKUOKA-宇宙に運ばれた酒酵母が今、海の奥深くの旅を終えて帰ってきており、早ければ9月から日本西部高知県で醸造物を作成するために使用する予定が進行中です。

プロジェクトの背後にあった高知県産業技術センターによると、酒酵母が宇宙と深海の両方に導入されたのは今回が初めてだそうです。 センターでは、独自の酵母が県の醸造産業を活性化するのに役立つことを願って。

酵母は、16年前に生産された。 2005年には、県で開発されたいくつかの酵母は、ロシアの宇宙船ソユーズに乗って無重力環境で10日を過ごした当時、「宇宙酵母」として注目を受けました。



食品加工専門技術サポートスタッフの合東晴彦氏が激しくから抽出した「宇宙酵母」の状態を確認しています。 (写真提供:高知県産業技術センター)

しかし、製品への関心が徐々に減少者神奈川県横須賀に本社を置く、日本の海洋地球科学技術振興(JAMSTEC)の従業員と技術センター職員が飲料を決定しました。 スポットライトに。 ”

深海での最初の旅行は2019年3月でした。 摂氏マイナス80度から凍りついた宇宙酵母の一部を資源調査のための研究プローブに付着して南鳥島近くの日本の排他的経済水域内の水にロックされています。 太平洋の深さは5,500〜5,700mです。 1年後の2020年3月には、酵母は、海から選ばれたが、強い水圧に死亡した。

次にセンターは、食品に超高圧を追加するデバイスを使用して深海の圧力と同様の圧力を加えて酵母を「選択」しました。 再びJAMSTECと協力して、茨城県の海岸から約200km離れた深海資源関連の調査を実行するために、船舶に載せ、1月には培養培地と一緒に酵母108包を入れたコンテナ約6,200メートルの深さで海底に沈んだ栄養素を提供します。 6種類の宇宙酵母のほか、一般酵母パックが比較のために含まれていました。

彼らは5月17日に引き揚げていセンターで調査された。 その結果、宇宙酵母3パックと、通常の酵母2パックが生き残ったことが確認された。

宇宙酵母で酒を沸かしたときの原因はわからないが、果実味の「吟醸香」成分が増加した。 深海の経験が醸造物にどのような影響を与えるかは知られていません。 このセンターは、試験後、9月か​​ら醸造に使用するために県内の醸造所に酵母を配布する予定です。

このプロジェクトを担当している食品加工を担当する合東晴彦センターは、 “イーストが深海の圧力で生き続ける嬉しい。 どのような種類があるのか​​、技術的に興味深いものである。 宇宙と深海の両方を経験した酵母の特徴は、醸造するときに表示されます。 ”

(九州経済新聞部上田ノリ久日本の原作)

READ  「死なない」植物が遺伝的秘密を明らかにします

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close