宇宙はしばらく日本の最後の開拓地として残るかもしれません

Estimated read time 1 min read

宇宙はしばらく日本の最後の開拓地として残るかもしれません

日本の商業宇宙プログラムは先月、最初の商用ロケットが打ち上げ台で爆発し、欲求不満に直面した。
西欧社会では、この失敗を続ける前に状況を評価するための特定のアプローチが必要です。 日本のビジネス文化は、さまざまな利害関係者の間で経営スタイルがかなり異なる可能性があるということです。
事故が発生した時、日本の宇宙部門のアプローチは何かなど、事故自体を越える重要な質問が提起されている。 世界中の宇宙プログラムに参加する政策立案者と利害関係者は、日本の管理技術から何を学ぶことができますか? おそらく経営の「集団主義的指向」である「ワ(Wa)」の草根に戻る必要があるでしょう。
2023年6月、岸田文夫首相は東京の宇宙政策基本計画と宇宙安全保障構想を発表しました。 Kishidaの新しい政策の分析は、国家宇宙政策戦略本部から来た。 包括的な国家宇宙政策を確立し、政府宇宙プログラム予算を管理し、商業宇宙活動を監視する任務を引き受けました。 12以上の日本の省庁と関連組織が意思決定プロセスに参加しています。
日本の宇宙産業は、公共と民間が協力ベンチャーの形で所有しており、商業的側面は最近発展しています。 これらのセクター間の業界では、伝統主義者「ワ」が欠けている可能性があります。 日本の宇宙管理は、伝統的に2017年に樹立された米国主導の月探査プログラムであるアルテミスプログラムなど政府間次元の米国との協約に縛られている。
日本航空宇宙探査局(JAS)は政府の主要宇宙機関であり、数十年にわたる印象的な宇宙実験および探査記録を保有しています。 東京が他国と競争できるように、スタートアップ企業が日本の商業空間部門に参入するよう奨励されています。 しかし、成功は動作するロケットの作成に基づいています。
先月、東京に本社を置くスタートアップSpace Oneが衛星を軌道に進入させる日本初の民間企業になれなかった時(固体燃料カイロスロケットが離陸後数秒で火炎に包まれた後)、これは日本の宇宙プログラムに大きな支障をきたしました。 実行方法について質問します。
政府偵察衛星の模型を運んでいた18メートル、23トンのカイロスロケットの破壊は、商用および偵察衛星発射の混合に関する疑問を提起することができます。 なぜなら、他の宇宙プログラムでは一般に分割があるからです。 宇宙の商業利用と軍事利用の間。 初期評価では、商用エンジンの発射失敗は、1月の東京の月探査失敗と同じ方法で見ています。 その後、日本の月探査船が月面に下降している間にエンジンの故障を起こし、着陸時に転倒しました。 カイロスのその後の発射台の爆発は再びエンジン問題を指摘し、この場合、宇宙船の致命的な故障を指摘しました。

カイロスロケット爆発は日本の宇宙プログラムに大きな支障をきたし、宇宙プログラムの運営方法に疑問を投げかけました。

テオドール・カラシク博士

Space Oneは、米国企業Canon Inc.が公共・民間パートナーシップの一環として支援する日本のスタートアップです。 2018年に設立された同社は、Canon Electronics、IHI Aerospace Engineering、不動産企業Shimizu Corp. そして、日本開発銀行を含む複数の投資家の支援を受けています。 以前の発売計画はコロナ19大流行とウクライナ戦争のために延期された。
先月の爆発以来、日本政府の管理者は、ロケットがプログラムされたように飛行を中断するシステムを自動的に実行したため、発射失敗が「大きな進展」を意味すると速やかに主張しました。
このコメントは、失敗しても成功を強調する日本の経営スタイルを反映しています。 月の着陸に失敗した後、日本の管理者も同様のコメントをしました。 日本の宇宙プログラムの2つの重大な失敗が続々と発生することは、一部の人々にとって非常に否定的な発展と見なされます。
日本の民間部門は、月と火星に人間が存在することに向けた推進力を構築し、宇宙開発の道を開くことを望んでいます。 モルガン・スタンレーの分析によると、今日、約3,500億ドル規模のグローバル宇宙産業は、2040年までに1兆ドル以上の収益を生み出すことができます。
日本のスタートアップは、特にロボットと衛星の2つのツールを提供し、宇宙セクターの特定の面で成長を促進するのに役立ちます。 商業宇宙企業に対する国家の傾向は、主に協力グループを通じて独自の商業宇宙プログラムを保有する他の国の事例に従います。 しかし、商用宇宙企業が将来の宇宙分野の協力を指示する可能性は低いです。 国際宇宙法によると、商業会社は自国政府プログラムの延長線である。 したがって、日本の商業宇宙の失敗は、日本政府の宇宙活動に悪影響を及ぼす。
この分野では、日本は主に軌道上で動作するロボットの開発に優れています。 国際ロボット連盟(International Federation of Robotics)によると、ロボット工学全般の発展において支配的な位置を占めています。 親会社がカリフォルニアにある東京宇宙スタートアップGITAIは、商用宇宙技術に対する米国と日本間の協力作業を示しています。
GITAIは、急速に成長する宇宙産業を発展させるために、特に宇宙飛行士が軌道や月、または火星の表面に基地を建設し維持するのを助けるためにロボットを使用することができる大きな可能性を見ています。
ロケット爆発は日本航空宇宙探査局と政府監査官を通じて厳正に調査されるものと見られる。 少し時間がかかります。 一部の日本の政治家は、月の着陸ミッションとスペースワンの打ち上げがどのようにひどく失敗したのか疑問に思います。 日本の商用宇宙産業に関連する米国およびその他の国の親会社は、その間にいくつかの緊急計画に参加する必要があるかもしれません。
一部では、日本の失敗は新興宇宙強国としての韓国の地位に疑問を提起しており、これは技術競争力と今後の政策決定に影響を及ぼす可能性があると述べています。
日本政府は、次世代のスペースワンロケットを通じて、日本がグローバル衛星発射事業に参入し、宇宙探査能力をさらに強化できることを望んだ。
日本のアナリストの一目で、これは機械的な問題であり、人間の意思決定の問題ではありませんでした。 このような事故が続くことができないため、日本が商用宇宙プロジェクトを進める方法に変化が起こることがあります。
おそらく、宇宙政策で「Wa」という集団主義志向に戻るのが今の順序でしょう。

  • Theodore Karasik博士はワシントンDCのGulf State Analyticsの上級アドバイザーです。 X:@KarasikTheodore

免責事項:このセクションの作家が表現した見解はそれぞれの見解であり、必ずしもArab Newsの視点を反映しているわけではありません。

READ  CO2 1位排出国である日本、新再生可能エネルギーへの道
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours