理科

宇宙ステーションで「宇宙ゴミ」の回避戦略…衛星の残骸が速い侵入| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

9月22日ISS(国際宇宙ステーション)シルバー水部分の小型エンジンを稼動させ、スペースデブリ(宇宙ゴミ)の緊急避難を実施した。

高速宇宙空間を飛行するスペースデブリが接近する1時間前から軌道を変更した結果、物体は、ISSから1.39キロ離れたところを通過。 これまで3人の宇宙飛行士は、ロシアのソユーズ居住モジュールに一時避難していたという。

 NASAこの物体の正体について公表していなかったが、その報道で、日本が2018年に進水したH-2Aロケットが人工衛星を放出する際に分離された作品だと明らかになった。

事実、これらの事件はそれほど珍しいことではない。 NASAのジムブライデンシュタイン長官はこの日、「この2週間で3回目で、スペースデブリは、毎年ひどくなっている」とツイートした。

人類初の人工衛星「スプートニク1号」がソ連によって発射されたのは1957年。 その際、60年以上、私たちの宇宙空間に大量のゴミが漂うようになった。

すでに100万以上の破片が飛び交う多くのISSの低軌道に集中しているという。 そのうちの半分ほどは砂利サイズが時速数千〜数万キロの高速であるため、衝突すると災いになってしまう。

地球の周りを月のように回っている「ミニドア」と呼ばれる物体も確認されているが、これも小惑星ではなく、破片がないかと言われている。1966年の月面着陸に失敗し、現在の場所を知っていないサーベイ2号の可能性があるという。

2019年には、インド、衛星破壊実験を行ったが、これにより、膨大なゴ​​ミが発生した。 その中の60個は、10センチメートル以上のものが常に追跡することができる。 ミサイルによる衛星破壊実験は、インド以外にも、米国、ロシア、中国が成功させている。

NASAは、9月22日、空軍の宇宙担当と組んでスペースデブリ対策に乗り出した。 これにより、空軍第18宇宙管制部隊は、宇宙の残骸の情報を公開し決めた。 現在、約2万5000個の物体を追いかけており、そのうちの3200個は、衛星とする。 毎日各衛星に平均10〜15警告しているという。

民間でもスペースデブリ対策が進められている。 英国企業はギグのようなものを撮影破片を回収する実験に成功し、日本もスカパーがレーザーを使用する手法を開発している。

宇宙は今後ますます商業化が行われる。 スペースデブリによる事故を防止しようとが本格化していくだろう。 (取材・文/白虎京子)

READ  「The Lady With Bindi」は、NASAのビデオが口コミ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also
Close
Back to top button
Close
Close