スポーツ

巨人岡本3年連続30発、先人を超えると成長せよ十分 – プロ野球:日刊スポーツ

3回裏巨人1死1,2塁30号3点本塁打を放った岡本(右)微小ウィーラーとハイタッチ(撮影従う見明美)

<거인 6-2 야쿠르트> ◇7日◇東京ドーム

優れた4番打者の肩を並べた。 巨人岡本和真内野手(24)が3回に左中間席に持って先制3ラン。 3年連続で30本塁打を決定した。

チームの生え抜きは松井秀喜氏(7年連続)以来18年ぶりである。 85年目の巨人の歴史でも生え抜きは王貞治、原辰徳、松井秀喜の3人だけの記録である。 5回第三打席に2打席連続弾を飛ばし31本塁打、95打点はリーグ2冠。 残りの3試合、自分の最初のタイトルに突進する。

◇◇◇

どこか安心したような笑顔でベンチに戻ってきた。 0-0 3回1死1,2塁。 岡本はヤクルト市内145キロを左翼席上部に運んだ。 先制3ランが3年連続で30号は、チーム生え抜きは松井秀喜以来。 「まず、30個を目標にしてシーズンに臨んでいるので、そこに良かった」と少し喜んだ。

プロ4年目の18年春のキャンプ。 一時コーチを務めた松井秀喜氏強化指定選手に指導を受けた。特打をマンツーマンにして、下半身の使い方軸足に体重を乗せて方法などのフォームの改善に取り組んだ。 その結果、シーズン史上最年少で「3割30本100打点」を記録した。先人の教えを実装結果として接続した。

その2年後の春のキャンプ。 2年連続30本塁打で迎えたが、私はついに1軍にある。 松井バロスたり、それこそ坂本氏は、早くから1軍で活躍している。 そんなすごい方に囲まれて、自分もここまでこれた」東京の松井さんは現役時代、すべて再生されない。しかし、伝統のジャイアンツに飛び込んだ岡本周囲には坂本は追撃するなどがあった。同じ高校1位新人で入団した松井さんも坂本も2年目から1軍に定着。3年目までのジャイアンツ球場で先輩たちの後を追って日々を回想した。

2冠に向けて岡本のバットは休むことを知らず、5回無死の第3打席で右中間2打席連続31号を運んだ。 ホームラン2位3つの違い。 打点は2位を9徐々にを付けた。 原監督は「まだ成長余地がある。聞くところによると、誘致も残っている。非常に大きく期待できる選手」とさらなる成長を期待した。 岡本は「まだ未熟な部分もある。課題として取り組んでいきたい。残りの3試合あるので打席打席無駄にしないように頑張りたい」 6年目の24歳。 先人を超え前人未到の世界を目指して一歩ずつ歩みを進めている。[久永 壮真]

▼岡本が30,31号を出して、自分の最初のセ・リーグ30号一番乗り3年連続30本塁打を達成した。 巨人セ・リーグ30号一番乗りは昨年坂本容器に続いて、10人、25番目(王が最多の13回)。 巨人30本塁打を3年以上継続されたのは、07〜10年小笠原と08〜10年ラミレス以降7回目です、右打者には85〜88年原ラミレスに続いて三回目。 岡本は今年で24歳。 24歳シーズンまで30個を3回以上記録したのは、1998年松井(巨人)以来、プロ野球5回目。 王は22歳から19年松井は22歳で、7年連続で記録したが、同じ22歳から始めた岡本は数年続くかまた、24歳以下で本塁打と打点の2冠王を獲得すると、98年松井以来となる。

READ  先頭ソフトバンク連勝ロッテビンタ響く/ライブ詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close