entertainment

年金受け働く60代の輸入増加の秘策! 前倒し減額率に合わせて秘訣(1/3) | AERA dot(アエラ点)

※写真はイメージです(GettyImages)

「ラウンドを取得世代 “の下には「前倒し」を使えば、収益が上がる! (週刊朝日2020年9月4日号)

世代限定し2022年4月の年金制度改正で基準額が上昇し、年金がカットされず、得た人がいる。 いわゆる「ワン得る世代」だ。 だから「丸い得る世代」より下の世代(男性1961年4月2日以降の女性1966年4月2日以降生まれ)は、60代前半の基準額の変更を活用することができないのか。

[그림보기]「丸得世代 “の下には「前倒し」を使えば、収益が上がる?

この世代は、60代前半の厚生年金がなくなってしまうので、直接この制度を利用することができない。 しかし、手がある。 年金を65歳より早く受ける「前倒し」制度を利用するものである。

早める60歳になると選択することができる。 遅らせるを増やしたい国の「意図」と支持が前倒しで年金を早く得ることができようにすると円形得る世代と同様にカット年金を受けることができますので、60代前半の収入を増加させることができる。

また、今回の改正で年金を早く受ける方ペナルティに対応する「前倒し減額率」が緩和された(対象は62年4月2日以降生まれ)。現在は1ヶ月繰り上げるごとに年金が0.5%引き下げますが、それはまた、22年4月から0.4%になる。繰り上げてもカットされている金額が減るだろう。

年金改正は自分に適用させて何をすることができるようになるのか、もし制度を使用した場合、結果はどうなるかをよく確認することが重要である。 22年4月以降、60歳繰り上げ場合、60代前半の収入状況を年金実務に精通した社会保険労務士三宅明彦推定くれた。

月収25万円(賞与を除く)の人が60歳から老齢厚生年金(10万円)と老齢基礎年金(6.5万円)を早めたする(すべて揃って早めることが決定している)。

「減額率は低くなるが、それでも5年前倒しすると24%減少し(月0.4%×12ヶ月×5年)です。60歳から受け取ることができる年金は老齢厚生年金が7.6万円、老齢基礎年金が4.9万円に達し12.5万円です」(三宅氏)

年間と年金額は150万円で、給料と一緒に年収は450万円に増える。 60代前半の5年間でみると、2250万円の収入が予想される。



READ  カプコンの生放送「CAPCOM TGS LIVE 2020」が9月26日・27日に放映。「バイオハザードビレッジ」などの最新情報が提供される

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close