トップニュース

弱い需要、日本のインフレを低く抑える慎重な価格設定 – BOJ’s Amamiya

東京、3月29日(ロイター) – 日本家計の弱い抑圧された需要と企業の慎重な価格決定行動がインフレを低く維持する要因として作用する可能性があると日本銀行天宮正義副総裁が火曜日話した。

天宮は「日本の全体的な需要は比較的弱く、サービスから商品への需要の移動がやや遅かった」と語った。

彼は日本の低いインフレの後ろにある構造的要因を調査するために開かれたBOJ主催学者ワークショップ開会会社で「従って日本は米国で観察されたのと同じ商品価格急騰を見たことがない」と話した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Leika Kiharaの報告。 Jacqueline Wong 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  大雨、強風が日本北部を襲っ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close