エンターテインメント

復元された黄金の扉| 技芸

JAPAN-SENGAN-EN 217単語・1写真

仙巌園復元金箔ドア

日本のニュース・著者無し・WORLD、ASIA-PACIFIC・2021年5月7日 – 午後1:20

今は鹿児島の仙巌園庭園であった島津家の引き戸を飾った金箔作品が元の光沢に復元され、公に展示された。

5つのドアと1つの壁画は、デジタル技術を使用して復元操作をされました。

島津家の19代指導者である光久は江戸時代初期(1603-1867)に1658年に仙巌園を建設しました。 金の引き戸は、主に大邸宅の更衣室空間で使用されており、これを装飾した芸術作品は、明治時代(1868-1912)に狩野派の画家が完成したとします。

ドアには、高さ1.8m、幅90cmの部の松が描かれています。

長年にわたる被害のため、1980年代に庭の翔子シュー青函博物館にドアが移動しました。

復元操作は、昨年12月に開始しました。 破損した作品の一部を撮影するために高解像度カメラを使用しており、専門家がこれをデジタルで再現しました。 その後、デジタル複製は、オリジナルのアートワークと同様の質感で、紙に印刷されました。

READ  日本映画「デーモンスレイヤー」、ボックスオフィス400億円を突破

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close