理科

恐怖が減り、専門家たちは、共感がウイルスとの闘いの核心であると言う

専門家は、共感と思いやりがウイルスの恐怖が消える中、現在の制限の下で新型コロナウイルスとの戦いで成功の鍵と言います。

日本の47県のうち11県が2月7日までの緊急事態に直面しています。

しかし、すでに絶え間ない感染拡散に慣れて自治制限の生活に疲れた国民は、昨年4月から5月の間の前COVID-19緊急事態よりもウイルスにはあまり恐れているように見えます。

「恐怖のために、人々は、以前の緊急時に自制力を発揮しました。 今回は、彼らが同じことをすると期待できません。」と、スマートフォンの位置情報から流行流行期間中に、人々の動きを分析した東京大学経済学教授渡辺努は言った。

Watanabeは彼の分析によると、人々が以前に家を去らなかった主な理由は、緊急宣言自体ではなく、未知のウイルスの恐怖のためだと言いました。

それ以来、感染事例数と外部の人の数の間の相関関係が弱くなって、ウイルスの恐怖が減少したこととされます。

Watanabeは「重篤な症状が発生する危険性が低い若者たちには自発的な制限をしていないことが合理的です。 「それら批判したり恐怖を扇動することは反対を引き起こすだけです。」

渡辺によると、緊急時にとられた措置の効果を高める鍵は恐怖と同じように行動の変化をもたらす愛他です。

渡辺は「現在の第三の感染の波を克服するために重要なことは、思いやりをアピールする方法で人々が他の人に感染させないように誘導することです。

マスクの着用に関する心理的要因を研究した同志社大学の中谷内一也教授は、ますます多くの人々が自制を要求するよりも、大規模な組織食事を正当化する意見を好むようだと警告した。

彼は「感染を抑制するためには、一般にコロナウイルスの危機を自分の事を見ることが重要である」と述べた。

Nakayachiは「人々は数だけで脅威を感じない」と、公共の状況を近くの人に関連する問題として報告どのような措置を講ずる必要があるより詳しく説明すると、政府は、メッセージを転送することができると付け加えました。 。

成功例としてNakayachiは、ドイツ首相Angela Merkelの演説を指摘しました。 彼女はドイツ人に伝染病は単なる数字ではなく、生活の中のものと言って祖父母と一緒に最後のクリスマス休暇がされないように行動することを求めました。

演説家佐々木茂徳(Shigenori Sasaki)は「感動は感動的な演説で非常に重要です。

「ほぼ限界に入ったレストランや医療従事者と楽しく遊んでたい若い人たちは、皆大変な時期を迎えています。」とSasakiは言いました。

彼は “(政府)が、それらのすべてを理解して誠実に要請して(コロナウイルス関連)数字と背景を説明すると、人々は協力する動機を感じるだろう。

しかし、今月初め緊急事態に直面している最初の地域である東京と近隣県の多くの人々が政府の動きに冷静な反応を示しました。

「私の人生は変わらないだろう。」東京・渋谷駅前のランドマーク充実秋田のハチ公像の近くで友達と話を交わした17歳の高校生は言った。 「学校はドアを閉じずに店は昼への扉を開きます。 “

24歳の医療従事者は、感染症の影響を受けたにもかかわらず、レストラン以外の事業は、財政的支援を受けないと文句を言うしました。

「緊急宣言にもかかわらず、多くの人々がついてくるようではない」と彼は言った。 労働者は、コロナウイルス感染が急増し、職場で忙しいと述べた。

レンズメーカーの従業員ケータ佐藤(34)は、政府の措置が「遅すぎる」とさいたま市の賑やかな駅である大宮駅で語った。

Satoは、緊急状況で、政府の措置を「半」と非難しました。 これはレストランを含むいくつかの企業にのみ早期閉鎖要求を言及することです。

「切迫が全く見えません。」と彼は付け加えました。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  NASAが8ヶ月にわたった中断を経て、太陽圏を脱出した「ボイジャー2号」に戻って信号を送ることに成功 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close