成人日王、日本に関連するロンドンキューガーデンを訪問

1 min read

成人一王時代 日本の英国国賓訪問の一環として、木曜日にキューガーデンを訪問する予定であり、彼の島国と有名なロンドンのランドマークの間の関連性が全面的に展示される予定です。

330エーカー規模の植物園のあちこちには、長い関係を絶えず思い出させてくれるものがあります。 大型温室には日本園芸芸術形式に敬意を示す盆栽の木の青銅像(一部はほぼ部屋の高さに近い)が立っています。 少し歩いていくと京都寺院を精巧に彫刻した杉の木の複製である日本の玄関口が出ます。 近くには、きちんと波をした砂利や日本の植物種に囲まれた渦が伝統的な茶庭園を連想させます。

様々な国の上級者や国家元首が公式ツアー中に定期的にキューガーデンに立ち寄り、ロンドンの最も人気のある観光地の一つを毎年約230万人が訪れる群衆の中に加わります。 しかし、皇帝にとって、この場所はおそらくはるかに関連性があります。

ロイヤル・ボタニックの取締役であるリチャード・デヴェレル氏は、「私たちは日本と長い間緊密な関係を維持してきました。 サイトを運営する組織であるガーデンズキューは、関係を記念して2021年の1ヶ月間行われたガーデンズの祭りを思い出しています。

64歳の皇帝の血統は15世紀以上にさかのぼり、菊の王座は世界最古の君主制です。 しかし、イギリス王室と同様に、日本皇室の役割は象徴的であり、国家政府とは別個である。

木曜日のツアーは、天皇と彼の妻マサコ皇后の1週間の英国訪問の一部です。 夫婦は長い間この国と個人的な関係を維持してきました。 どちらも1980年代にオックスフォード大学で勉強した。 当時天皇は皇太子だった。 皇后は、初期の外交官を海外に派遣して留学する日本の外務省プログラムの一部でした。

20世紀初頭から英国と日本の王族と皇室は緊密な関係を維持してきた。 1902年、両国は協力と文化交流を促進する協定である英日同盟を締結しました。

英国が新しい同盟国に関心を持つようになり、日本美術展示会が人気を集めました。 1910年ロンドンで開かれた日本・イギリス博覧会には800万人を超える訪問者が集まりました。 ここ日本大使館によると、その中に ジョージ5世国王とエリザベス2世女王の親祖母の妻であるメアリー女王でした。 情熱的な日本美術コレクター

キューガーデンと日本の関係は何世代にもわたって持続してきました。 日の木の扁桃で作られた京都西本願寺の門を縮小複製した日本関門は、1年前ロンドンで開かれた日本・英国展に展示された後、1911年に設置されました。

1996年に日本の玄関口が復元された後、当時天皇の妹だった沙子子姫が寺院の写しと新しい伝統風景を公式に公開しました。 (彼女 2005年に結婚してタイトルを失った。 そして民間人になった。

キューガーデンの一部を構成する小さな宝 印象的な盆栽コレクション 皇帝が植物園のビクトリア時代の温室の一つである歴史的なTemperate Houseを見学する際に展示される予定です。

容器にミニチュアの木を育てて形を作る盆栽は、熟練したアーティストの仕事に数年かかることが多い。 キューガーデン(Kew Gardens)の60本盆栽コレクションのハイライトの中には、高さが10cmに過ぎない小さな標本と受領が180年の標本があります。

キューガーデン(Kew Gardens)の植物園芸師、リチャード・カーニック(Richard Kernick)は盆栽の木がしばしば稀な形であると考えられていますが、実際には完全な大きさに成長するのを防ぐために専門的に剪定と形をした木だと言いました。

「この複雑で精密な芸術形式は木を小さな生きている宝物に変えます」と彼は言いました。 「生きている盆栽は通常、その芸術家よりも長く続く未完成の芸術品です。 木を受け継ぐのは梯子の街路になるのと同じです。 しばしば、後ろにも多くの街路灯があり、前にも多くの街路灯があることを願っています。

イギリスのアーティストのマーククイーン(Marc Quinn)によって作られた一連のブロンズ盆栽の彫刻も温室に展示されており、世界で最も珍しい植物も展示されています。

皇帝が会うだろう 山中真澄 キューガーデンの日本初の常駐植物アーティストが彼女について話します。 奇跡の松のイラストこれは 2011年日本を襲った津波以後の希望の象徴。

6日、イギリスに到着した皇帝と皇后もイギリス王室家族と一緒に時間を過ごしている。 公式訪問が始まる火曜日、ウィリアム王子は彼らのホテルで彼らに会い、チャールズ3世国王とカミラ王妃は夕方にバッキンガム宮殿で開かれた公式国ビン晩餐で彼らを招待しました。

75歳のチャールズ国王と皇帝は共通点が多いです。 ニッチ 結婚生活への関心と大衆の調査、家庭生活へのこだわり。

どちらも比較的新しい君主です。 ナルヒトは2019年、父・秋人一王が退位して一王になった。 訪問最終日の金曜日には日本王族がオックスフォードを訪問する。

天皇と皇后は、ロンドンの文化中心地であるジャパンハウスや世界最大の移動式洪水障壁の一つであるテムズ川の障壁など、さまざまな場所を訪れました。 この障壁は王族がランダムに立ち寄るように見えたかもしれませんが、おそらく多くの訪問者よりも皇帝がこの障壁にもっと興味を持っていたでしょう。

オックスフォードでの2年間の回顧録のタイトルは次のとおりです。テムズ川と私」は、水路がそこで過ごした時間に及ぼす影響と、18世紀の川での輸送の歴史をテーマにした大学論文の頭をうなずいた。

元子リッチ 東京で寄稿した報道です。

READ  シリアはワールドカップ予選、次のステップで、日本に参加
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours