戦艦ヤマトの主砲に使われた棚展示

1 min read

クレー、広島県–日本の主砲身を精密に成形するために使用される巨大な棚第二次世界大戦の強大な戦艦ヤマトがここグレ海洋博物館に展示されています。 入場料は無料です。

長さ約16メートル、重量約160トンに達するこの棚は、博物館の西駐車場と向かい合ったガラス壁の展示施設、別名大和博物館に保管されています。 ワークピースを取り付ける円形プレートの直径は3.2mです。

1938年にドイツから輸入されたこの棚は、グレ海軍兵器倉で当時同​​級最大規模のヤマト主砲の砲身やその他必須部品を曲げるために使用されました。

戦争が終わった後、1953年に神戸製鋼(Kobe Steel Ltd.)に工業用に売却されました。 その後、棚は兵庫県明石に本社を置く機械部品メーカーである木代株式会社が買収しました。 棚は会社で産業用に使用された。1996年から2013年のハリマ工場。

同社は博物館に棚を寄付することを提案し、その結果展示遺物は昨年11月に海を通ってグレ港に運ばれました。 棚が大和の故郷に戻ったのは69年ぶりに初めてでした。

市政府は財政的に困難を抱えていたため、ヤマト博物館は棚の輸送と設置の費用を支払うためにクラウドファンディングキャンペーンを開始しました。

わずか21時間で1億円($756,500)の目標を達成し、結局合計約2億7千万円を募金しました。

私たちは、訪問者がヤマトがどれほど巨大だったかを感じたいと思っています。 3月5日に開かれた製膜式で戸高和重美術館館長が記者たちに語った。 最先端の科学技術が使用する人によっては、戦争になることも平和になることもあることを訪問者に見せたいと思います。

一般に公開された初日約300人の観覧客が展示場の外で棚を見るために待機しました。

博物館は2005年の開館以来、初の大々的なリノベーションを進めています。

それだけ 大和は1945年、太平洋戦争が終わる頃、自爆任務のため沖縄県に出撃している間に沈没しました。

READ  JAリーダー、東京と静岡を訪れ、日本の最高経営責任者に会う
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours