理科

政府、農村デジタル化のために230万人を確保

政府は農村のデジタル化を促進するため、来年4月から始まる2022年度から5年間で230万人を確保することを目指していると火曜日明らかにした。

政府は2024年度までデジタル技術を活用し、地域問題を解決する地方自治体の数を1,000に増やす目標を設定しました。

岸田文夫首相は政府懇談会で「教育、医療、農業、物流など多様な分野で早い時期にデジタル化を進めて可視的な成果を出すだろう」と話した。

彼は、政府が2021年度の秋景と2022年度の定期予算計画に従い、地方自治体への補助金を含め、デジタル化プログラムに計5兆7千億円を割り当てたと述べた。

具体的には、政府は2022年度に少なくとも10,000人を確保し、デジタル機器に慣れていない高齢者やその他の人々を支援する計画です。

農村地域の通信インフラ開発を加速し、5G無線ネットワークの人口範囲を現在約30%から2023年度まで90%に増やすことを目指しています。 約5年間、12の地域データセンターが設立されます。

政府は、デジタル技術を最大限に活用して都市と農村の格差を減らし、東京の過剰な人材と雇用集中を是正することを目指しています。 来年の春に具体的な計画を出す計画だ。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  金星と小惑星着陸

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close