世界

数千人が見守る嵐の中でヒースロー空港に着陸するジェット機の生中継

ロンドン – イギリスを襲う危険な嵐のために家に留まるという警告を受けた何千人ものイギリス人が、金曜日にYouTubeで旅客機がロンドンで揺れる降りるのを見ました。 ヒースロー空港

約190,000人が1人に同調しました。 YouTubeのリアルタイムストリーミング 「BIG JET TV」で制作したStorm Euniceが運送ネットワークに大きなダメージを与えました。 行を正しく立てなかったジェット機は上に引き上げて再試行する姿を撮影しました。

ライブストリーマーのJerry Dyerは、飛行機が前方に跳ね上がり、パイロットに励まし、「空港で働くパイロットと乗組員に感謝しますが、これはあなたが得ることができる最も興味深いものです」と述べました。

「現在の時速70マイルと突風が吹くこの条件は非常に強烈で、パイロットの技術とパイロットがそれを処理する方法を見ることができるということが良い」と彼は付け加えました。

映像には痛いほどの荒い着地シーンが込められた。

「彼は歩き回り、歩き回って…彼は十分に食べた」 Dyerは、他のジェット機が周りを回って後で着陸しようとする決定を説明しながら、別のポイントで話しました。

ヒースロー空港のスポークスマンは、彼が空港の所有地で撮影したり、何らかの方法で彼と提携していなかったと言った。

彼らは別の声明を通じて「人々ができるだけ早く安全に旅行を離れることができるように航空会社や航空交通管制パートナーと緊密に協力している」と付け加えた。

「の別のストリーム旅客機ライブ「イギリス北西部のマンチェスター空港近くから北に約200マイル離れたところで撮ったこの写真も約24,000人が見ていました。

他のイギリス人の旅行者にとって、Storm Euniceはそれほど面白くありません。 強風は運転条件を困難にし、鉄道会社は乗客に金曜日に旅行を控えるように促しました。 多くの地域で緊急時に50mphの速度制限が施行されるためです。

通勤者 ロンドン 必須の交通手段を除いて、すべて避けるよう勧告され、ソーシャルメディアに共有された映像で首都のO2スタジアムの一部が強風に漂うことがわかりました。

以前ミレニアムドームと呼ばれていたよく知られた建物は、コンサートを含む主要なイベントを開催し、レストラン、バー、ショップ、映画館がある場所です。

他の場所では、イングランド南部とウェールズを結ぶ3回の橋、アングルシー島とウェールズ本土を結ぶブリタニア橋を含むいくつかの橋が閉鎖されました。

イギリスの気象庁によると、イギリスの気象庁は、ロンドンから南に約80マイル離れた小さな島であるワイト島(Isle of Wight)で、金曜日の朝時速122マイルの突風が記録されたと明らかにした。

「これは暫定的にイギリスで記録された最高の突風です」とツイートで語った。

ロンドンとイギリス南東部の気象庁は「赤い気象警報」を発令し、破片の飛散、建物、住宅の被害を警告し、ワイヤーが壊れる可能性があると述べた。

READ  国連、人権機関でロシアの資格停止に投票

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close