理科

新型コロナ治療の本命「モノクローナル抗体」とは? トランプ大統領も使用副作用も少なく、政府は早期に緊急承認を:J-CAST TV視聴[전체보기]

朝日解説者の多摩川徹による「オリジナル総研「今日のテーマは、「新型コロナウイルスの治療はどこまで進んでいるかどうか」、その本名ともならない」モノクローナル抗体医薬品」について取材した。

モノクローナル抗体医薬品は、大統領選挙の真ん中に感染したトランプ大統領が使って話題になったが、一般的な米国民の使用は、2〜3月になる見込み。 イーライリリーなどの製薬会社が11月に緊急使用許可を申請して、緊急使用が許可されたもの。

鳥取大学の浦野健教授は「モノクローナル抗体医薬品は、抗体を持っている感染者の血液から作られた特定のウイルスが体内に侵入することを防止混合っ気がない抗体を培養して作ったもの。軽症に投与すると99.97%でウイルスが削除することが分かった」と述べた。

モノクローナル抗体医薬品を使用する場合は、1.6%がER(小胞体)に入院しただけだったが、プラセボを使用した例は、それが6.3%であった。 浦野教授は「明らかに減っている」と、その効果の検証を指摘する。

安全性についても、これまでのデータが深刻なものではなく、せいぜい乗り物酔い感のような症状が出てきたほどだという。

イーライリリーによると、軽症・中証に効果があるとしているかどうかについて浦野教授は「この感染症は、ウイルスの量が増加すると、他の病気になる。つまり、ウイルス由来ではなく、免疫細胞を壊す過敏反応のようなものが起きて症状が悪化している。そこに抗体薬を使ってもよく聞かない抗体医薬品を使用する場合は、早期に投与することが重要である」と述べた。

米国では、緊急使用の許可、日本はまだ

tv_20201210115246.jpg

クレームデシビルの場合、米国で緊急使用許可が出てきたのは、5月1日に日本も5月7日厚生労働省が激しい対策として承認した。 モノクローナル抗体については、米国FDA(米国食品医薬品局)が緊急使用許可を出しているが、日本ではまだ。 厚生労働省によると、日本では基本的に、企業が使用許可を要求に対し、政府が審査をする。 クレームデシビルで緊急許可が承認されたのは、クレームシュビルが専用の薬だからモノクローナル抗体のような新薬については、専用の薬との温度差になってしまう。

斉藤千春アナウンサーは「催奇形性があるとしてAVIファイル間使用できない若者にも、これはいいと思う」と語った。

玉川は「父ガンヌン使用できないというわけではなく、投与後一定期間性行為の自制しなければならないということ。モノクローナル抗体医薬品は、投与すると、重症化を防ぐことができる」とし「クレームデシビルのようなモノクローナル抗体医薬品も緊急承認を検討しなければならない」と結んだ。

READ  赤ちゃんメガルロドンは6フィートの長さの子宮食いだったが、研究の提案

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close