経済

新型登場ラッシュ価格急落! レクサスIS LS GS中古車市場に大波乱!

レクサスの看板車種であるセダンが激動の時期を迎えている。 GSが2020年8月に生産終了続いてISの大規模なビッグマイナーチェンジモデルが11月5日に発売され、LSも11月19日にビッグマイナーチェンジモデルが発売された。

中止とビッグマイナーチェンジが行われると、中古車相場の値が大きく動くことが予想される。 GSは生産終了値が上がったのか、ISとLSは、新型が出てきて事故やすくなったのか?

レクサスIS、LS、そしてGS中古車は今の目的の認知中古車査定をよく知っている萩原文博氏が解説する。

テキスト/テキストのブログ
写真/最高の車編集部ベストカーweb編集部トヨタ

[포토 갤러리]レクサス中古は先代モデル特価! 新旧レクソスウル写真でチェック!


レクサスセダンの中古車相場は下落したのか?

27,73,413。 この3つの数字が示すのは、一体何なのか。 それはレクサスセダンの2020年9月の新車販売台数である。 ISが27台、LSは73台、そしてベストセラーESが413台を記録している。 3つ合わせても513個

これは、同じブランドのSUV、RXの749台に満たない売上に留まっており、レクサスブランドの主力SUVのに移動していることがわかる。

しかし、2020年11月5日ISがフルモデルチェンジに次ぐビッグマイナーチェンジを実施フラッグシップセダンLSも11月19日マイナーチェンジこの開かれたから新車販売の起爆剤になることは間違いない。

マイナーチェンジを実施することで、急に注目が集まることが、従来モデルの中古車である。 そこで今回は、レクサスセダンで、現在販売されているLS、ISのほか、2020年8月に生産終了したGSの3モデルの中古車査定について紹介する。

果たしてマイナーチェンジや絶版モデルになったこといくつかの動きがあるだろうか。

レクサスIS:マイナーチェンジ前高年式車が多く流通価格の上昇傾向


2013年5月に登場したレクサスIS。 ボディサイズは全長4665×全幅1810×全高1430mm

2016年10月のマイナーチェンジでヘッドランプとバンパーのデザインを変更し、スピンドルグリルはグリル下部を大きく広げた

レクサスIS中古車情報はこちら!

まず2020年11月にマイナーチェンジを進めていたISで。 日本市場で2代目となる現行型ISは、2013年5月に登場。

搭載されるパワートレインは、従来から受け継いだ3.5L&2.5L、V6以外2.5L直4エンジンのハイブリッドシステムである。

また、2015年7月に2L、直列4気筒ターボを追加しました。 2016年10月のマイナーチェンジで、2.5L、V6エンジンが廃止される一方で、予防安全パッケージ」レクサス安全システム+ “が全車に標準装備されるなど、安全性が向上している。

そして2020年11月5日第二マイナーチェンジを実施。 外装だけでなく、体の骨格で改良が加えられ、パワートレインも改善されている。


2020年11月5日にフルモデルチェンジと思うほどの大規模なビッグマイナーチェンジが行われた

また、一部のグレードの衝撃吸収はオイルユーロに非着座式バルブを設置して、微細な動きにもユーロ抵抗による減衰力を発生させる「スイングバルブショック」が採用されるなど、走行性能が向上している。

また、予防安全パッケージ」レクサス安全システム+」も改良されて、衝突被害軽減ブレーキ「フリークラッシュセーフティ」は、交差点を右折時に前方から来る対向直進車両、左右回転時に前方から来る横断歩行者も検知が可能となっている。

現在レクサスIS中古車流通台数は約380台。 3ヶ月前に約400台流通していたが、2020年10月初めに約325台まで減少した。 徐々に増加している状況である。 マイナーチェンジ情報を偶然聞いて、それぞれ、IS中古を買いに行ったからだと考えられる。

流通している中古車の平均走行距離は多少上げはあるが、約3.9万km付近を維持している。

そして、平均価格は3ヶ月前に、約260万円で急騰に上昇し、現在では約279万円まで上昇。

これはマイナーチェンジを控えて走行距離が少ない高価な中古車が市場に出回り、平均価格の上昇につながったものと考えられる。

3ヶ月という短期間で上昇傾向となっているISの平均価格であるが、1年という長い期間にみると、1年前2019年12月現在、約303万円であった。

その後順調に値落ちが進行2020年7月最安値となる約256万円となった。 その後徐々に上昇傾向となり、約279万円ロッキング。

現在型IS中古車の価格帯は、約118万〜520万円と非常に幅広い。 また、年式による流通台数分布をみると、最も多いのがデビュー年度2013年の144対。

続いて2014年の67対。 そしてマイナーチェンジをした後、2017年56代続いている。 しかし、翌年の2018年には19代と高齢式車両は数少ないのが実情である。

中古車の評価分布を見る。 最も多いのが、ハイブリッド車IS300h Fスポーツの約102のとおり、価格帯は約133万〜約498万円。

続い300hバージョンLが約84台に従う。 価格帯は約159万〜約498マンエンワFスポーツと同様の水準である。 すでに2等級で約48.6%を占めている。

3番目に多いのが、ハイブリッドの標準的な車、300hと上位を独占。 価格帯は約117万〜約398万円で、上位2等級よりも安いされている。

元新車価格に差があるので、レクサスIS中古車が推奨するバージョンLである。 Fスポーツと比較しても走行距離が長くないことも目的のとすることができる。

走行距離が少ない高齢式中古車市場に流入してきているので、平均価格が上昇しているが、すでに数ヶ月経って落ち着いてくると、中古車相場は下落していくものである。 それが目的のだ!

レクサスLS:約1年に100万円大値低下幅を記録


ここでは、マイナーチェンジ前のLS。 「Z」のようなランプが特徴。 かなり積極的な設計である。 ボディサイズは全長5235×全幅1900×全高1450mm

マイナーチェンジしたLS。 フロントバンパーの角に垂直基調の文字列が配置されました。ヘッドランプは、新しいデザインのコンパクトな3眼ランプとL字型のクリアランスランプの下に「ブレードスキャン」アダプティブハイビームシステム(AHS)を搭載

レクサスLS中古車情報はこちら!

続いて2020年11月19日にマイナーチェンジをしたフラッグシップLSある。

日本市場で2代目となる現行型LSは2017年10月に登場。 LS500は、12月から販売開始された。

搭載するパワートレインは、500hが3.5L、V6エンジンのハイブリッド。 そしてLS500は3.5L、V6ツインターボエンジンとなっている。

安全装置には、国内最高の安全性を誇る高級衝突回避支援と先端運転支援を実現したレクサス安全システム+ AをIパッケージより標準装備。

その中でも「レクサス鼻ドライブ」は、レーダークルーズコントロール、レーン追跡アシストの基本的な機能に車線変更補助を加えた3機能を動作します。

高速道路や自動車専用道路で運転者の運転意図と調和操舵支援や車線変更の運転支援を提供し、自動運転につながる高度な運転支援システムである。

現行型LS中古車流通台数は約180台。 3ヶ月前に170台で小幅の上げ下げを繰り返しながら、10月中旬以降から中古車流通台数は増加傾向となっている。

流通している中古車の平均走行距離は約1.5万kmであった3ヶ月前から、現在では約1.8万kmに延長される。

しかし、平均価格は3ヶ月前に、約930万円で、現在は約945万円で少し上がった。

LS平均価格の動きを1年の期間を見ると、1年前2019年12月時点の平均価格は約1042万円。

その後順調に値落ちが進み、2020年7月に当面の最低となる約912万円を記録した。 以降緩やかな上昇に転じ、現在、約945万円まで値を戻している。 しかし、LSの平均価格が1年に約100万円の値落ちがされているのだ。

現在型LS中古車の価格帯は、約658万〜約1485万円。 ただし、車両のサイクルを迎えた2017年式、走行距離3.2万km LS Iパッケージが約700万円という価格がついている。

新車価格が1243万2000円なので、3年落ちに残価率は約44%。 大きな値低下幅を記録している。 これはかなりの目的のではないか。

軟式の分布は、2018年式110通り圧倒的なので、2017年式58対。 2019年と2020年式はかなり減っている。

性的分布を見てみよう。 最も多くの500 Fスポーツ2WD車約32台。 価格帯は約770万〜1230万ウォンだ。 続いて、ハイブリッド500h Fスポーツ2WD車で約26本。 価格帯は約809万〜約1350万円である。

スポーティなFスポーツが続いたが、3番目に多く、約18個の豪華仕様の500hエグゼクティブ4WD車両。 価格帯は約729万〜約1380万円となっている。 やはりスポーティなFスポーツより高度な仕様の役員ほうが値下がり幅が大きくなっている。

そして800万円以下の中古車の成績を見ると、500 Iパッケージと500h Iパッケージ4WDの2年生が6台ずつで、他の評価を圧倒している。

現在型LS中古車を低価格で手に入れたいものがある場合は、600万円台半ばで700万円前後のIパッケージが目的の。 特価あふれるある。

レクサスGSハイブリッドは最高値が170万円前後で買えるのは魅力


2012年1月に登場したレクサスGSはメルセデス – ベンツEクラスやBMW5シリーズ対抗ミドルセダン。 ボディサイズは全長4850×全幅1840×全高1455mm

2015年11月のマイナーチェンジで、外部からのスピンドルグリルが採用されたフロントバンパー、リアコンビランプのデザインを一新

レクサスGS中古車情報はこちら!

最後は2020年8月に生産中止されたGSである。 日本市場で2代目となるGSは2012年1月に登場。

ガソリン車GS350、GS250、GS300(GS200t)とハイブリッドGS450h、GS300hと様々なパワートレインを搭載しているのが特徴であった。

現在最終形GSガソリン車の中古車流通台数は約210台。 3ヶ月前に170台で堅調に増えている。

流通している中古車の平均走行距離は約5.5万kmであった3ヶ月前から、現在では約5.9万kmまで伸びている。

この動きにリンクして、平均価格は約206万円であった3ヶ月前から、現在では約204万円で小幅値不足になった。

GSの平均価格の推移も1年という長い期間にみると、1年前2019年12月に最高値である約225万円を記録した。

その値落ちが2020年5月に最低となる約200万円となった。 次は小幅上げ下げを繰り返しながら、現在の値低下傾向最安値に近い約204万円となっている。

GSハイブリッド車を見ると、中古車流通台数は約258台。 3ヶ月前と似たようなレベルであるが、ピークだった10月中旬に約280台から減少傾向となっている。 平均走行距離は約5万kmであった3ヶ月前から、現在では約5.4万kmまで伸びているが、平均価格は3ヶ月前に、約291万円で、現在では約304万円まで上昇した。

GSハイブリッド車の平均価格の推移を1年の期間を見ると、2019年12月の平均価格は約285万円。

その後、一度2020年6月に最安値約269万円を記録したが、その後は上昇傾向となり、現在ではこの1年間最高値である。

現在最終形GSガソリン車、ハイブリッド車を合わせた中古車の価格帯は、約118万〜約645万円で、ガソリン車とハイブリッド車が見事にクロスオーバーしている。

性的分布を見ると、最も流通台数が多いのが450h Fスポーツの約58通り、価格帯は約168万〜約645万円。

これに続くのが、約54台の300h Iパッケージ。 価格帯は170万〜480万円。 そして第三は、約41台の350 Iパッケージ価格は120万〜約379万円となっている。

ガソリン車とハイブリッド車の価格帯が交差しているので、元の新車時価格が高いハイブリッド車にお得感が高まっている。

GSは生産終了にガソリン車は値落ちの傾向があり、ハイブリッドは、過去1年間の最高値を記録した。

とにかくもレクサスのミドルセダンであるGSが約170万円前後で買えるのは非常に魅力的である。

[포토 갤러리]レクサス中古は先代モデル特価! 新旧レクソスウル写真でチェック!

READ  ランボルギーニ、レーシングモデルで生まれた640HP / 565Nmのスーパースポーツカー「ウラカンSTO」日本初公開 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close