新新潟映画祭でアニメ界の大物が登場します。

1 min read

日本がアニメ好きなのは秘密ではありません。 ほとんどのグローバル市場で疎外された媒体であるにもかかわらず、日本のアニメは定期的に国内ボックスオフィス1位を占め、映画俳優なしで比較的少ない予算で制作された映画で数十億円を稼いでいます。 日本で最も高い収益を上げた映画10本のうち7本がアニメです。

しかし、問題があります。 上位7つのタイトルのうち6つは自己制作タイトルです。 他の場所で制作されたアニメは、「冬王国」のような時々昔ながらのディズニーブロックバスターを除いて日本ではほとんど見られず、映画観客に歓迎されることは言うまでもありません。 単離白米と同様 うなぎ (淡水ウナギ)アニメに関しては、ほとんどの日本人が自分のものを好む。

それで先月第1回新潟国際アニメ映画祭(NIAFF)招待状を郵便で受け取ったときに混乱した。 海外観客のための日本製作アニメのショーケースでしたか? そして彼らは新潟の代わりに都市で1時間もかからないジブリ公園で、参加者がアニメ天才宮崎駿の驚異を味わえる名古屋を書こうとしましたか? それとも観光の準備が整ったスノーモンキーとスキーリゾートがある長野を意味しましたか?

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく伝えるのに役立ちます。

今購読してください

READ  カーン2024:マイサンシャイン映画レビュー – 日本監督奥山宏のイエス・フォローで官能的なアイスダンス
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours