エンターテインメント

日向坂クリスマスライブ後輩の言葉に「いい女〜」 – 坂道:日刊スポーツ

日向坂(46)が24日、クリスマスライブ「ひなくり2020〜鬼ホテルと22人のサンタクロース」を生配信した。 ライブ視聴チケットは9万5714枚売れ推定30万人が視聴したことが分かった。

初めて佐々木美玲(21)が「ひなくり、いくぞ!」を叫んでサンタ姿で “NO WAR in the future」「ドレミソーラー試み」を公演した。 クリスマスイブを舞台にしたファンタジーの話に基づいてライブを展開していった。

TV東京系冠番組「日向の丘で会いましょう」でMCを務めたオードリー若林正恭(42)も、中間に登場する新しいキャラクター「ポーカー」の声優を務める形で「出演」した。また、4曲目の「まさか、偶然…」は、眼科系の病気のための休養していた松田好花(21)がびっくり舞台に復帰した。

本編後半にはメイド服姿に変身。 「My fans」では火柱が上がる中、キレのあるパフォーマンスを披露した。続けて、「誰よりも高くジャンプ!」の冒頭にライブステージ「鬼ホテル “にちなんで、マイケル・ジャクソンの「スリラー」のような幽霊ポーズを電源が見えた。

アンコールは「青春の言葉」を披露した。 無観客の開催はされたが、斎藤京子(23)は、「サイリウムや客席に置かれてあり、この光景が懐かしく、ジーンしています」と笑顔を見せた。富田鈴花(19)は、「炎(火柱)が出てきたじゃないか。 リハーサルの時ドキドキでした。しかし、本番は炎に劣らず熱い心で努力したと思います」と笑った。

今年2月に加入した三寄生でクリスマスライブ初参加が山口陽世(16)は「こんなに大きな舞台でたのが初めて。大変歩くので移動とかも大変覚えるのも大変だったんだけど、日向坂に登録されて本当に幸せであると考えている」と喜んだ。 キャプテン佐々木久美(24)と加藤史帆(22)で「いい子〜!泣い〜」と感激していた。

けやき坂46(読み:ひらがなケヤキ)の時代から始まり、3回目のクリスマスライブ。 今月初め、東京ドーム公演が行われる予定だったが、コロナ流行で、来年に延期された。 佐々木久美は「2020年はいろいろなことがあって、思うように活動していないことがありその中でメンバーのレクリエーションとかもありて、私たちにも多くの問題が発生する年でした」と回想し、「しかし、このように24日のクリスマスイブをおひさま(ファンの通称)の人々と過ごすと良い機会をしたことがうれしい」と笑顔を見せた。

また、「握手会とかイベントがない中でも、応援していただいて、支援クダッいる皆さんのおかげです。 本当にありがとうございます」と感謝した。「2021年はどのようにあった状況になるのかわかりませんが、やはりお日様を満たす1年になるといいな、と思います。 (体調不良で休養中の宮田)愛萌も戻ってきて、22人が「ひなくり2021」を迎えたいと思います!」と願った。

大晦日に2年連続で「NHK紅白歌合戦」出場も控えている。 最後に佐々木久美は「非常に楽しいクリスマスイブを過ごすことができました。いい思い出ができました。風邪をひかないように暖かい新年を迎えてください!」と訴えた。[요코야마 사토시]

READ  爆笑問題&おぎやはぎが「渡辺」トークするラジオ代打出演のおかげで| ORICON NEWS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close