日本、オーストラリア、米国が3者防衛技術協定を締結しました。

Estimated read time 0 min read

日本、オーストラリア、米国が3者間の放散技術協力協定を締結したと金曜日の共同声明で明らかにしました。

日本防衛省は声明を通じて去る木曜日ハワイで開かれた国防長官合同会議でこの協定が署名されたと明らかにしました。

第13回韓中日国防長官会談で、リチャード・マルス(オーストラリア)国防長官、日本の木原美濃(日本)、ロイド・オースティン(アメリカ)国防長官が研究・開発・試験・評価協定に署名した。

声明は「科学技術協力は集団的優位を維持し、国防協力を深化するために不可欠」と述べました。

新しい協力により、3つの省庁は「協力戦闘機、自律システム、複合航空宇宙材料分野で協力機会をさらに議論する」と明らかにしました。

マレス、ミノル、オースティンはまた、中国、北朝鮮、そして当時の南シナ海紛争について議論しながら、中国が南シナと東部で「武力や降圧によって一方的に現状を変えようとするいかなる試みにも強く反対する」という点を重ねて強調しました。 声明によると海。

彼らは台湾海峡の「平和と安定の重要性」を強調し、「両岸問題の平和的解決」を促したと述べた。

3人は「主権が尊重され、国際法が遵守され、国家が降圧なしに決定を下すことができる平和で安全で繁栄する東南アジアへの継続的な献身」を再確認したと声明は付け加えました。

READ  レポート:EAスポーツ、ついにFIFAフリーサッカーゲームに進む
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours