トップニュース

日本、コビッド・ヒット・タイとの8強進出サッカーニュース

NAVI MUMBAI: ディフェンディングチャンピオン 日本は日曜日に開催される女子アジアカップ8強戦で両チームが会えば絶対無理がないと主張したコロナ19で打撃を受けたタイチームに対してチャンスをつかむ。
土曜日、東道木夏子監督は、選手団でコロナ19が発生したにもかかわらず、タイが日本を相手する準備ができていると宣言した。
タイの計画は、岡本美代監督と何人かのプレーヤーが試合に取り組んで邪魔されたが、Todorokiは東南アジアチームが意欲を失うことなくDYパチルスタジアムで2回のディフェンディングチャンピオンである日本との試合になるだろうと述べた。
試合前の記者会見で、トドロキはタイが日本との試合を準備するために必要なすべての措置を取っていると強調した。
トドロキは「難しい状況だが、タイのサッカー代表チームの一員として、AFC女子アジアカップのような最高レベルの大会でプレーすることを誇りに思っている」と語った。
「規定に応じて、私たちは十分な選手を持っており、2023年のFIFA女子ワールドカップ本選進出という目標を達成するためにコロナ19が発生しても、最善を尽くしてプレイすることを止めないでしょう。しました。」
「私たちはすべての医療と安全プロトコルを備えたファンデミック状況にありますが、私たちはバイオバブルが完全に安全ではないことを理解しています.
「私たちの状況は明らかであり、私たちは少なくとも13人のプレーヤーがいる限りプレーし、私たちの戦士はタイのサッカーとそれほど支持してくれたファンのために最善を尽くします。」
「私たちはAFCと協力し続けます。彼らは私たちの選手に最高の医療サービスを提供し、常に私たちと選手を助ける準備ができています。
「私たちが知っているように、ファンデミックウェーブ中にサッカーのトーナメントを組織するのは簡単ではありませんが、みんなに良い状況を作るために最善を尽くしました」
フィリピンに1-0で敗れ、キャンペーンを開始したタイはインドネシアに4-0で勝利し、スタイルを取り戻しました。 オーストラリア戦では格闘技の末に2-1で敗れ、3位2チームのうち1位に進出した。
ベテランフォワードピツマイソンサイは、困難な状況にもかかわらず、チーム全体が2023 FIFA女子ワールドカップに参入するために一生懸命働いていると、Tdorokiの感情を反映していました。
タイの最多得点者ソンサイは「FIFAワールドカップ進出は私たちに大きな意味がある」と話した。
「最高レベルのサッカーをすることは常に私たちの目標でした。私たちは一生懸命働き、目標を達成するために最善を尽くします。
日本との試合はディフェンディングチャンピオンだから容易ではないだろうが、得点機会が与えられたら躊躇せずに捕まえるだろう」と話した。
日本はミャンマーに対して5-0の勝利を収め、アジアカップのキャンペーンを開始し、ベトナムの3ゴールを記録しました。 池田のチームは韓国と1-1で打った後、C組1位を占めました。
池田監督は「今までよくやってきて、一度に一段階ずつ進んでいる」と話した。
「私たちは2023年のFIFA女子ワールドカップチケットを狙っており、明日タイに勝つ唯一の方法です」
Okamotoは日本のU-19女子チームの池田アシスタントで、51歳のOkamotoは彼の以前のアンダースタディに警戒しています。
「タイの監督をとてもよく知っているので、タイとの試合は大変な試合になるでしょう。岡本はとても有能な監督です。やる気があります。マッチ。」
「ここでムンバイはプネーと天気が異なります。したがって、特にタイのようなチームに対して競技力をよく管理する必要があります。ミスできないので注意してください。
「いわぶちマナが明日のタイと試合を繰り広げるかどうかはわからない。

READ  日本の電子商取引大手楽天、オンライン銀行上場

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close