スポーツ

日本、スポーツ内差別・虐待の根絶を促す

東京2020社長橋本セイコーが2021年4月27日、日本の東京のプライドハウス東京レガシーを訪問中の代表、従業員およびゲストと一緒にポーズをとっています。 Eugene Hoshiko / Pool via REUTERS / File Photo

東京、7月19日(ロイター) – 日本はオリンピックスポーツの性アイデンティティと性的指向の差別を撤廃し、ユース選手の身体的虐待を防止するための機会にしなければならないと活動家が月曜日に語った。 計略。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、強力な市民社会と民主主義で有名ですが、日本では解決しなければなら深刻な権利の問題があり、オリンピック憲章は、すべての種類の差別を禁止する付け加えました。

この団体は、先週、日本の人権記録と東京オリンピック、そして立法府がレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、およびトランスジェンダー(LGBT)差別禁止法を通過させなかった点に言及したオリンピック」の記者ガイド」を発表した。 7月23日から8月23日まで開かれるオリンピック。 8。

グループのグローバルイニシアチブ(スポーツ)の責任者であるミンキーウォドゥン(Minky Worden)は、仮想ブリーフィングで「LGBTの選手たちは、特にスポーツの経験のために虐待、烙印、トラウマに直面する」と述べた。

「私たちが知っている「アウト」の選手が開催国のために競争していないということは非常に衝撃的です。 “

日本法はアジア基準では比較的自由主義的なものとみなされますが、社会的態度と烙印によりLGBTコミュニティはほとんど見えません。

日本初の恒久的なLGBTコミュニティセンターのGon Matsunaka所長は開催都市東京が差別禁止法を通過させた、日本の他の地域ではLGBTの個人は、法的保護を受けなかったと言いました。

彼は烙印の恐怖のために男性中心の日本のスポーツ文化と呼ぶLGBT同盟もほとんどないました。

彼は「スポーツ界の中で性少数者のための巨大な差別が存在する」と述べた。 「異性愛者の男性に権力がある。LGBTQはそのような文化の中で差別を受けている。」

ヒューマン・ライツ・ウォッチはまた、日本の学校と青少年のスポーツコーチングの手法で身体的虐待を根絶して、教師やコーチの処罰を求めています。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、昨年前・現職の青少年運動選手381人を対象に調査した結果46%が音、音、パンチ、足蹴ったりのもので音をされるなど虐待を受けたと発表した。

ウォドゥンは「多くの人が、その結果、うつ病、身体障害、一生のトラウマに苦しんでいる」と述べた。

日本は2013年のスポーツ暴力根絶のための宣言を発表し、連盟が虐待を追跡し、報告システムを構築することを要求しており、2019年ガバナンスコードはすべてのスポーツ団体のためのガイドラインを策定しようとしました。

Martin Pettyの報告; Ken Ferrisの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  久保建英、EL3アシスト目の活躍を海外記者賞賛 "エメリーはなぜベンチに置くか理解している」| Football ZONE WEB /サッカージョンウェブ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close