経済

日本、フィリピン農児学校寮増設

去る10月28日、日本大使館が公式に2階建ての建物を正式に譲渡したことで、パサイ市にあるフィリピンの聴覚障害者学校(PSD)が新学生寮の公式扉を開きました。

国内唯一の政府所有の聴覚障害者機関であるPSDは、学生に宿泊施設を提供できる準居住学校です。 しかし、寮の限られた庭園のために遠く離れた地域から来る多くの学生が宿舎を作るのに深刻な困難を経験したので、学校は毎年申請者の半分以上を減らさなければなりませんでした。

この問題を解決するために、日本大使館は新しい建物の建設のためにPSDに$ 156,127または約P8百万の助成金を提供しました。 既存の寮の改装とともに、新しい構造は100人近くの学生を収容できる学校の能力を拡張します。

イベントでは、日平大輔駐韓日本大使館経済賞は、インパワーメントの重要性を改めて強調しました。 彼は生徒に自分の夢を追うように励まし、将来の成功について彼の楽観論を明らかにしました。

Niheiは、教育省の次官補Christopher Lawrence ArnucoとPasay CityのBoyet Ding Del Rosario副市長との意識を変えました。 また、大使館の第1書機関関野千尋(Chihiro Kanno)と第3書記官山田由美(Yumi Yamada)、DepEd Pasay City地方自治体の関係者、校長および教職員、学生および保護者も参加しました。

このプロジェクトは、草の根人間安全保障プロジェクトのための補助金支援による日本の公式開発支援の一環として、2019年に大使館の承認を受けました。 フィリピンの最大のODAドナーである日本政府は、貧困を減らし、さまざまなコミュニティが草の根活動に参加できるようにするために、1989年にフィリピンでGGP計画を開始しました。

画像クレジット: 日本大使館

READ  MOUにサウジアラビア - 日本貿易活性化

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close